本来は、6月12日が恋人の日みたいですびっくり

恋人の日

恋人の日とは

縁結びの神様 聖アントニオにちなんだブラジルのイベント「恋人の日」は、家族や友人、恋人同士との縁を深めるためにフォトフレームを送りあう習慣があります。当連合会 では、フォトフレームを送りあうという習慣に着目し、1988年から「恋人の日」のPRに取り組んでいます。

 

「恋人の日」とはスペイン語で”ディアス・ドス・ナモラドス”と呼ばれています。ブラジルのサンパウロ商業協会が1952年に6月12日を「恋人の日」と定めキャンペーンを行いました。これをきっかけに、ブラジルの年中行事の一つとして定着しました。恋人や家族、友人がお互いに贈り物を交換し、愛情と友情を深める日として広く知られています。

 

6月12日が「恋人の日」と定められた理由

6月12日が「恋人の日」と定められた理由は、翌13日が「聖アントニオの日」という記念日であるからといわれています。聖アントニオは、1193年に死去した聖者であり、欧米諸国では縁結びの神、女性の守護神として人気が高く、あがめられています。その前日にあたる12日には、恋人同士や夫婦間でこの日が祝われお互いに贈り物をする風習があり、その日が「恋人の日」と命名されたものです。

以下、今日は何の日引用

くつしたの日,ペアーズディ

日本靴下協会が1993(平成5)年に制定。

靴下を2足並べた時の形が11 11に見えることから。

1年で1度同じ数字のペアが重なる日であることから、恋人同士で靴下を贈り合おうと呼びかけている。

今までの恋人、何人?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
靴下の日はある意味クリスマスイブの日だと思うのですがてへぺろ
 
AD