今週の相場:下半期入りの特殊需給 | 理系サラリーマンが投資を研究!

理系サラリーマンが投資を研究!

メーカーで研究開発をしている理系サラリーマンが投資を真面目に研究していくブログ。
相場観、売買、株主優待、確定拠出年金、従業員持株会等、ジュニアNISAなどの投資について、そしてふるさと納税や日々の雑感についても書いています。


テーマ:

週末、欧州株式市場はイタリアの財政不安で全面安でしたが

NY市場はあまり影響を受けず

ダウは小幅高、VIX指数も小幅低下と、落ち着いた動きでした。

ドル円も堅調で、日経平均先物は小幅高の24180円で帰ってきました。

 

今週のスケジュールを確認しますと、中国は今週一週間休場ですね。

月曜朝に日銀短観と、月初恒例の米経済統計

(ISM製造業、ADP雇用統計、ISM非製造業等)が続いて

金曜に雇用統計ですが、あまりイベントは意識しなくてよいかと。

 

先週の配当絡み、月末、半期末の特殊需給に続き

今週も月初、下半期入りの特殊需給要因はありそうですね。

 

中期的な目線では、日経平均が23000円を超えて

アセンディングトライアングル(三角保ち合い)を上抜けたところから

既に新しいステージに入っていると見ています。

 

海外勢は、年初から9月第1週までに

現物先物合計で約8.5兆円の売り越しをしてきました。

(対して、日銀が1人で4.2兆円買うことでその影響の多くを吸収)

 

9月第3週に海外勢が1.5兆円の大幅買い越しをしていますが

今年ずっと売り姿勢だった海外勢が、姿勢をニュートラルに戻すなら

依然、彼らの買戻し余地はまだ相当に残っていると考えます。

 

加えて、半年前(1ドルが約106円だった時)の

相当に控え目な見通しに基づく日経平均EPSでも現在のPER=13.9倍。

下期入りして今後、企業の上方修正が相次ぐであろうことも考えると

中期的な日経平均の上値余地には、かなりの期待が持てます。

 

ただ目先に関しては

金曜に書いたような一直線の上昇はいつ終わってもおかしくなく

高値をつかまないように、そして押し目で買えるように

買うタイミングと余力配分に、今後も気をつけていきたいと思います。

自分にとって「上げてよし、下げてよし」と思える

居心地よいポジションに整え続けていくしかないと思っています。

 

----------------------------------------------------------

 

昨日選んでいたソニーのハンディカムを、ヤマダで買ってきました。

ネットの値段を見せて安くしてもらって、株主優待券(⇒)も使って

あとはなぜかUCギフトカードを5000円分ももらえたり(なぜ?笑)

ソニーがキャッシュバックキャンペーンもやっていたりと

なかなかお得に買えたと思います♪

 

夕方は子供たちと私の3人で、日帰り温泉に行ってきました。

涼しくなって、だいぶお風呂が気持ちいい季節になってきましたね。

ビンゴ大会をやってて、(何ももらえませんでしたが)盛り上がりました。

 

(手前が次男、奥が長男)

 

結局、今日はほとんど台風の影響を受けずに過ごせました。

明朝の通勤はどうでしょう。台風通過後は暑くなるようですね。

相場も、市場参加者が増えてますます熱くなるといいですが。

それでは、今週も頑張りましょうね!

 

(※投資は自己責任でお願いします。)

 

応援ポチお願いします。

 

 

Philさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス