8月になったので、岡野コーチ毎年夏休み恒例のスイカ割りをやるそうだ。

No me gusta la sandia.

最近、新しい発見があった。

メロンソーダが飲めるようになった。
あれは、メロンのようでメロンではない。

しかし、アイスのスイカバーはまだまだハードルが高い。


いや、そんなことではなく、秋合宿の用意をそろそろ始めなければいけない。

宿泊名簿や行程作成、練習試合の相手探し、備品の用意などなど。

いろいろやることがある。

そんなこんなも、選手たちが自分たちでなんとかするしかない環境を作るためであります。

親の力を借りず、大人の力も借りず、自分たちでどうにかしなきゃいけない環境を作る。
武者修行やジェフ観戦もそうだったりします。

逃げる機会を奪われ、自分でやるしかない時、仲間とやるしかない時に、ようやく自分でもできることやいつも大人にやってもらっていることに気がつきます。


当たり前が当たり前じゃないことを知ることから。

コーチたちはいるけれど、見てるだけです。
関与しないと分かってから、どうするかを見ているのは新しい気づきにもなります。

今年も一皮むけてほしい。