五月病の対処法 その2 | 名古屋でアンチエイジング!漢方相談・通販も【ファーマシー大学堂】
新型コロナウイルスに関する情報について

名古屋でアンチエイジング!漢方相談・通販も【ファーマシー大学堂】

名古屋市中村区にある【ファーマシー大学堂】です。漢方相談で、あなたの健康と美を総合的にサポートいたします!通販も是非ご利用ください。

こんにちは、健康と美の【ファーマシー大学堂】薬剤師の前田順子です。

ネット通販 ・ ダイエット も大好評!

英語・フランス語レッスンも開講中♪

ネット限定!4500円分プレゼントの化粧品はこちら

 

「疲れ」の原因は乳酸ではなく、「活性酸素」である事が最近の研究で分かってきました。

ところで「DHMBA(ディーバ)」という成分、ご存じですか?

 

[五月病の対処法 その2]

 

漢方が得意とする五月病の対処法ですが・・・・・

 

まず症状としては、イライラして怒りっぽくなる、気分が沈んで何もしたくない、夜しっかり眠れない、頭がフワフワしたり眩暈(めまい)がしたりする、女性の場合は生理不順になる、喉がひどく乾く、皮膚がカサカサする、肩凝りや筋肉痛がひどい等々。

症状がいくつも重なって出たり、日によって症状が出たり出なかったり・・・・・個人差が大きい。

 

漢方には「寒熱」という概念があり、漢方薬には、どちらかと言うと冷やす働きがある処方と、温める働きがある処方があります。そこを間違えて素人判断で処方を選ぶと、かえって体調を悪化する場合があります。

 

体調は、時々刻々と変化します。それにしたがって、漢方処方が変わる場合もあります。きちんと相談できる薬屋さんで、ご自分の体調を伝えることが大切です。

心身を少しずつたてなおし、コロナなど様々なストレスに立ち向かえる強い心と身体を維持することができたら、この難しい時代を生き抜けると信じて!毎日を淡々と過ごしたいですね。

 

 

明けない夜はない!ですから。

 

********************

化粧直しが激減!大ヒット化粧水はこちら

首まわりのブツブツでお悩みの方にも♪

☆全ての商品の送料はサンプルで還元します☆

********************

 

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村