昨日は、日本アロマセラピー学会
薬剤師部会 第1回学術講演会に
参加してきました!!

国際医療福祉大学薬学部
佐藤 忠章先生の講演は、
精油の成分の薬理作用と
成分の脳内移行部位、
体内においての
精油成分の異なる特性などなど
マウスを使った基礎研究で
科学的なエビデンスの
一歩となるような新しい内容でした。
ストレス下でよりある香りを
欲するメカニズムが納得出来た
学術として納得できる内容でした。

そして
元日本アロマセラピー学会理事長
鳥居伸一郎先生の講演は
精油の香りの薬理学的考察
から、精油のモノアミン分類を
鳥居先生の著書でもご紹介
されている内容に加え、
各種鎮痛剤を精油に置き換えての
お話などが、とても興味深く、
薬剤師へのエールに満ちた内容でした。

久しぶりに
医療従事者のアロマ仲間との時間共有は
とても有意義でした。

11月の日本アロマセラピー学会の学術総会では、
私も臨床研究として行ったスポーツアロマセラピーの内容を発表します。

今から楽しみです💕