こんにちわ。

海外滞在中に経験した実体験を活かして、「静岡から世界へ 世界中の日本人をHappy&Healthyにしたい」とモットーに事業を行っております『PhAROMAcist【Pharmacist(薬剤師)+AROMA】』です。

今日は、単位についてのお話です。

日本での温度の単位は摂氏(℃)ですよね。

そして、特に子供の薬の量などを決めるときに重要となる体重の単位は「kg」ですよね。

私が以前住んでいたアメリカでは、温度の単位は「華氏(℉)」。
また、体重の単位が「ポンド(lb.)」でした。

医療機関に行くときというのは、たいてい、体がかなり辛かったり、動揺していたりいます。

そこで、当店のサービスをご利用いただいた方には、以下のような単位換算表を提供しています。
イメージ 2



これを現地のスタッフにこの表を出し、指を指しながら、「My body temperature is 38.5 degree」といいながら、双方とも熱のイメージがつきやすいです。

ちなみに
「(体温は)、38.5度あります」の言い方は、
「My body temperature is 38.5 degree (celsius).」
となります。

同様に、
「息子の体重は、20kgです」の言い方は、
「My son is 20kg」
となります。


当店は、お客様が安心して海外に出発していただけるよう、また海外滞在を過ごしていただくために、個々のお客様のための『英語版医療用個人情報シート』の作成、および『英語版お薬手帳』の作成を行ったり、海外から病気やお薬の相談を受ける薬剤師のスキルと活かしたサービスを提供しております。

海外旅行にお出かけ準備、海外滞在中のヘルスケア相談は当店にお任せください♪♪

詳しくはこちら▼▼▼

本ブログは、読んで頂いた方の疑問や質問にも答える形で進めていきたいと思っています。

ぜひ、「こんな内容の事を知りたい!」と言う事ありましたら、コメントもしくは公式HPの問い合わせフォーム等より、お知らせください。
皆様の海外旅行や海外生活がより、素敵な時間になりますように♡


(ブログ著)
THINKHAPPYBEHAPPY* 代表『PhAROMAcist【pharmacist(薬剤師)+AROMA】』
資格 及び 所属団体学会:
・薬剤師
・日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
・日本渡航医学会
・日本アロマセラピー学会
・米国NAHA認定プロフェッショナルアロマセラピスト
・米国OHANA HEALING INSTITUTE認定 
 プロフェッショナルクリニカルアロマセラピーインストラクター
・日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー
・日本メディカルハーブ協会(JAMHA)メディカルハーブコーディネーター

イメージ 1