薬剤師の転職スキルアップと厚待遇!あなたらしい職場の転職

薬剤師の転職スキルアップと厚待遇!あなたらしい職場の転職

薬剤師スキルアップ 1.経営マネジメント力 2.在宅医療で高齢者の対応 3.自分の強み 薬剤師キャリアアップ がん薬物療法認定薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師、感染制御認定薬剤師、漢方薬生薬認定薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、プライマリケア認定薬剤師

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
● 薬剤師の転職、春の検索シーズン到来!あなたが見つける転職

こんにちは、中島です。朝は、起きやすくなりました。あなたは、いかがでしょうか。

春らしくなったので、福岡の甘木の秋月と、佐賀の鳥栖のくすり博物館へ、ドライブしました。

桜の花が、なくなり、今度は、新緑がだんだんと、出てきました。

早速ですが、薬剤師の転職について本題です。

薬剤師の働き方について

病院薬剤師は、調剤や服薬指導、注射剤の混注、薬物治療モニタリング、DI、薬品管理などあります。

そのため、幅広い業務を、通じて専門性を高めることができます。

安全で効果的、薬物治療が、医療チームの現場の特徴です。

病院薬剤師の業務は、大きく6つあります。

1.調剤(外来調剤/入院調剤)
2.服薬指導
3.注射剤の混注
4.TDM(薬物治療モニタリング)
5.DI(ドラッグインフォメーション)
6.薬物管理

勤務先の状況で、薬剤師の業務内容も異なり、経験できることなど、変わってきます。

病院は、ベッド数(病床数)や運営方法で、呼び方が異なる。診療科や患者さんの症状の違いにより、3つのタイプ(急性期型、療養型、精神科)に分ける。特徴のご紹介をします。

病院の種類


病床数は、最も一般的な指標と言われます。病院の機能も、病床数が区分され、使用されます。20床を境に、病院と診療所は区切られます。また、病院の中でも200床の数字が、よく使われる。

以前は、総合病院制度がありました。病床数100床以上、内科・外科などの5科以上を置くことが総合病院です。

現在は、基準に、関わりなく総合病院をつけることができる。

病院:病床数が20床以上の場合
診療所(クリニック):病床数が19以下

薬剤師の転職として、あなたも、総合病院でやりがいを、見つけてみる。

テーマ:
● 薬剤師に将来なりたい人は、薬学系74校のどれかに入学すること。

こんにちは、中島です。柳川で春の風に吹かれてきました。どんこぶねがゆったりと川下り。時間が止まっているのかも。船頭さんの歌で、お客さんも気持ち良さそうでした。

では、薬剤師について本題です。

・薬剤師の国家試験
・薬剤師の条件
・薬学系の学部74校
・薬剤師をめざす人は

薬剤師の国家試験は、薬学部を卒業する、または見込みの人。薬剤師国家試験を受験します。

年に1回しか行われていない。不合格のときは、また翌年受験することになる。

物理・化学・生物・衛生・薬理・法規・制度・倫理の出題。

薬学について幅広い分野からの問題がでる。

全国の試験会場は、おもに、北海道・宮城・東京・石川・愛知・大阪府・徳島・福岡で行われている。

合格率は、例年平均で70%から90%になっています。無事に合格して申請する。

厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、免許が与えられます。

大学の薬学部は、6年間の薬剤師養成課程をすべて終わること。

薬剤師になるには、それが、一番の条件になります。

薬学系の学部をもうけている大学。それは、全国に74校です。「国立14校」「公立3校」「私立57校」といろんな大学があります。

北は北海道の石狩、南は宮崎の延岡まで、全国の都道府県に薬学部を設けてあります。

薬剤師をめざす人は、全国にある薬学系大学に、入学することです。

勉強は、たいへんですが目標のために、頑張ってください。

薬学部では、6年間の薬剤師養成課程で必要な学問を学びます。

大学では、「有機化学」や「生物化学」「薬剤学」「免疫学」など授業から調剤薬局での実習まで。薬学に関する幅広い知識や技術を身につけます。

このような6年間の、薬剤師養成課程を卒業した人。または、卒業見込みの人だけに、薬剤師の国家試験の受験資格が、与えられます。

平成18年4月から、6年制に変更。国家試験の条件です。

これから薬剤師を目指す人は、必ず6年間の養成課程が必要です。それに伴い、学費の総額が他の学部より、高額になることにも注意が必要です。

これからのあなたの将来は、希望に満ちていることでしょう!

進路は、親御さんと、充分に話し合って決めてくださいね。

テーマ:
● 薬剤師の転職は、大きく分けて4つプラス1職場の転職があります。

こんにちは、中島です。先週、イベントに参加くじ引きしました。なんと、「スマートウオッチ」が大当たり。タブレットと連動できて、バッチリです。

では、薬剤師について本題です。

薬剤師のあなたは、転職を、したくないですか?

・調剤薬局
・ドラッグストア
・病院(大学、市民など)
・製薬会社
・プラス1に、公務員があります

・調剤薬局とは、どんなところ?

調剤薬局とは、患者さんが、病院で処方せんを受取るところ。

薬剤師は、処方せんを基に、適切なくすりを、そろえます。

患者さんに、くすりの飲み方を詳しく説明してお渡しする薬局のことです。

・調剤の出来るまでの流れ

・処方せんを受け取る

病院の受付で、受け取る書るい。受け取るくすりが、書かれています。具体的には、飲みぐすり、塗りぐすりなど。薬局で、くわしく説明してくれるので安心ですね。

・処方せん監査を行う

処方せん監査とは、正しく作成されたかを、確認する仕事。

数字ミスや他人と、まちがってないかを、くわしく調べます。

・調整を行う

調整とは、処方せんをもとに、適度な量のくすりを用意。たくさんの医薬品を、まぜたり、小さく砕いたりします。患者のくすりが、飲みやすいように、薬剤師が加工を行います。

・調剤薬監査を行う

調剤薬監査とは、別の薬剤師が、ミスの有無を確認する。

最近は、コンピューターのシステムを使用する。不具合もあることから、調剤薬かんさは、人の手で必ず行います。

・患者に医薬品を交付する

交付とは、患者に調剤薬を、ミスがなく渡すこと。

そして、姓名をそろえた上で患者の、本人確認を行うこと。

・ドラッグストアとは、どんなところ?

ドラッグストアとは、一般医薬品の販売が中心です。健康・美容品、日用品や生鮮食品以外の商品があります。そのような物を、取りそろえた小規模なお店です。

・病院とは、どんなところ?

病院とは、日本で一定規模以上の、施設を病院と呼びます。

ベット数20個以上の入院施設の事です。ちなみに19ベット数以下は、診療所と呼びます。

・製薬会社とは、どんなところ?

製薬会社とは、医薬品を、作る会社のことです。おもな仕事は、くすりの開発・研究。新薬の開発には、莫大な費用がかかります。製薬会社は、大規模な企業が多いです。

製薬会社は、新薬開発をしています。生命を守るため、臨床試験をされている。

・プラス1に公務員てどういうこと?

実は、あまり薬剤師の、職業とは知られてない。しかし、大事なので、公務員なので納得です。

それは、空港などで、みられる麻薬取締は公務員なんです。

もちろん、薬剤師の国家試験に合格すること。取得した人しか、なれません。

あなたらしい職場のために、転職は1つの強い味方です。