前傾角度! | 千代田区日比谷ゴルフレッスン PFGA1軸スイング小暮博則のブログ

前傾角度!

多くのゴルファーが、勘違いしているとしたら、

ここを理解することで、それだけ前に進めることがあります。


その1つが、【前傾角度維持】です。


コーチから前傾角度を維持しなさいと言われたことがある方、
 

実は注意が必要です。


間違った解釈は、飛距離不足を生むからです。
 

先日、女子高校生のスイングを見ていて、
 

・トップで、フェースが空を向く、スーパーシャット
・インパクトで、アーリーリリース
・足はべた足
・上半身は開く
・左肩はインパクトで浮き
・左へのミスを嫌う傾向


で、全体的に振りきれない、飛距離が欲しい状態でした。

 

実際にコースのラウンドを見てみると、
150前後の距離でUTを使う場面がありました。

UTの方がボールが上がることがあるからで、
実はスイング中のフェースの閉じ具合からくる、左サイドの浮き上がり、前傾角度の変化に原因があります。

(ラウンドでは、難しい下りのアプローチを寄せきり、パッティングも冴えがあり、飛距離がでる、ショット力が向上できると安定して結果がだせる、実に勿体ない状態が判明)

 

前傾角度は、インパクトまでキープし、
その後は、起き上がって良いが、


インパクト付近で、左肩が浮いたり、
上半身が開いてしまうと、
パワーが伝わりずらくなる傾向にある


ではいったいどうじたら良いか。

 

フェースが閉じて、活躍するプロも沢山いるじゃないか?
→フェース開けといっているはけではありませんよ、
ただしフェースを閉じる選手は、ヘッドスピードがムチャクチャ速いので、ボールは自然に上がるし、高さに困らないと言えます。吹き上がることを嫌う傾向はあっても、救い打ちから高さを出そうとしている傾向は皆無です。


前傾角度維持のポイントは、
クラブを持たず、
壁に頭を付けます
その際、タオルを壁と頭の間に、2枚折にして、
スイングを行います。
テークバック~フォローまでを7回練習します。

インパクト以降は、ドンドンターゲット方向に顔を回転していき、
下半身の伸展も加わり、
前傾角度が起き上がるのが正解です。


フィニッシュでは、アドレス時のスパインアングル上に書いたラインが、起き上がるのが正解


レッスンを受けられている生徒さんの中には、
信じてくれる方と、そうでない方がいます。

解釈違い、誤解を生みます。
「あのコーチは、いつも適当なことを言っている。」

それでは、一生かかっても・・・・


本日もみなさんの上達を応援しています。

~~~
9月21日二木ゴルフ宇都宮インターパーク店にて、小暮レッスン会開催致します!

宇都宮の皆さん、
どうぞお立ち寄りください!