Sony a7R IV 驚きの61メガピクセル! | 【雨にも負けず】個人投資家奮闘記

【雨にも負けず】個人投資家奮闘記

コロナの余波で、収入が突然ゼロに!
新しい収入源の開拓を余儀なくされ、選んだ仕事が投資。
果たして投資で生活費が稼げるのか?

オリンピック商戦開始!

 

オリンピック前は、カメラメーカーにとって一番の儲け時。

各カメラメーカー、プロ機種をモデルアップ中。

 

その先陣を切ったのがソニー。

まだ発売から1年数か月しか経っていなかった Sony a7R3を早くもモデルチェンジ!

 

去年、ニコンが、
「Sony a7R3に客を取られてる!」
と巻き返しを狙って販売した Z7。

 

参照 : ニコン

 

これを凌駕するプロフェッショナル モデル!
ニコンの反撃は?

でもその前に、

シグマ / Sigma

カメラメーカーの販売するレンズは高い。
半端なく高い。

ソニーの広角レンズ、SEL 16-35 F2,8、幾らだと思います。

 

参照 : ソニー

 

なんと32万円!(税込み)
素人には高値の花。

 

でも、
「俺には手が届かない。」
と諦める必要なし!

 

レンズメーカーのシグマ / Sigma が広角レンズを作ってます!
それも14-28mm F2,8

 

参照 : シグマ

 

キレキレの写真が撮れると評判。
定価22万円!

高いっ!

 

でもソニーオリジナルより10万以上安い。

 

まだ高くて手が出ないっ!

という方には、タムロン / Tamron が 15-30MM F2,8を販売

 

参照 : タムロン

 

手振れ補正(ニコン、キャノン用)付きで17万少々(税込み)。

シグマより5万安いよ!

 

と言った具合に純正モデル以外に、性能がよくてお安い選択肢があり。

その選択肢で有名なのが、シグマとタムロンです。

Sony a7R IV 驚きの61メガピクセル!

前置きが長くなりました。

 

な、なんとソニー、とってもよく売れてるSony A7 3モデルの新型、Sony a7R IV を発表!

 

 

参照 : ソニー

 

驚きの61メガピクセル!
要らないけど、単に凄い!

 

私のカメラ、24メガピクセル。

今年、購入した(4コア搭載モデル)パソコンで編集してるのに、ま~遅い。

 

61メガだったら、お手上げだわ。
専用の高速デスクトップが居るわ。

 

でもプロは違う。
オリンピックのスポーツ場面で離れた場所から撮影。

 

61メガピクセルあると、端っこの小さな被写体を切り出しても使える!

 

この超高解像度で10枚/秒の連続撮影。

凄いのがソニーが開発、導入、ニコンが真似して追加して評判になった、目玉フォーカス機能。

 

ソニーはこれをビデヲ撮影にも搭載!

ニコン、やばいぞ!

来るかニコンの反撃?

数か月前から、
「D5に匹敵するミラーレスモデルを開発中。」
と、ニコンが自らリーク。

 

参照 : yahoo.co.jp

 

でも、Sony a7R IV に匹敵するカメラは無理じゃないかろうか。
そもそもイメージセンサー、ソニー製。

 

ソニーが61メガピクセルのセンサーを、ライバルに与えるとは考え難い。
40メガピクセル程度に抑えて、連射機能をあげてくるんじゃない?

 

しかしニコンのミラーレス、レンズが決定的に少ない。
アダプター使えばいいけど。

オリンピック商戦はソニーの一人勝ちになりそうな予感、、。