Thinkpad T480 初期セットアップ & バックアップ作成 | 【雨にも負けず】個人投資家奮闘記

【雨にも負けず】個人投資家奮闘記

コロナの余波で、収入が突然ゼロに!
新しい収入源の開拓を余儀なくされ、選んだ仕事が投資。
果たして投資で生活費が稼げるのか?

Thinkpad T480

これが世界一のキーボード!

 

注文していたLenovo のThinkpad T480 届きました!
早速、セットアップです。

 

欧米では
「3年保障」
なのに、日本だけは
「1年保障。」

 

レノボのケチ!

 

早速、チェックだ!
まさか壊れていないよね~。

T480 納品 & 開封

Lenovo Thinkapd T480

 

注文してから、かっきり10日で届いたよ。

流石、日本。

 

何に感心したかわかりますか?

それはダンボール。

 

「ドイツにはダンボールないの?」

違~う。

 

ダンボールが凹んでないっ!

 

ドイツだったら、ボコボコよ。

 

発送先はレノボの下請工場。
LCFC(Hefei) Eelectronic technology co,.LTD

 

ぐぐってみると台湾に本社を置く、サプライヤー。
レノボは自分で組み立てないで、台湾の小会社が組み立てしてるんだ~。

そこで組み立てられて、東京のレノボに船で送られてます。

 

東京のレノボの配送センターから我が家まで。

これが10日なら早い。

 

ドイツ人に何か頼むと、
「金曜日までに送るよ。」
て言うんです。

 

で、金曜日にの夜になってもコンファームが届かない。

月曜日に、
「待ってたんたぞ!」
と言うと、
「金曜日までには届けるよ!」
とドイツ人。

 

そう、いつも金曜日で、今週の金曜日なのか、来週なのかわかんない。

ファースト インプレッション

話を戻します。
ダンボールから出して、早速、充電。

 

無料でついてくるチャージャーの容量が少なく、バッテリーの容量が大きいので、
「満タン」
になるまで、4時間くらいかかります。

 

心配だったプラスチックの天板。

 

シンクパットの天板

 

剛性が不十分というテスト結果を読んでいたので、どうしても合金にしたかった~。
触ってみると、剛性がないような感覚じゃない。

 

荷物一杯のリュックサックだと、ちょっと歪む程度じゃない?

プラスチックでも大きな問題じゃないよ。

今のところ。

 

はい、これが世界一のキーボード。

 

シンクパッドのキーボード

 

本当に、そんなに快適?
初期設定で押す程度では、まだ実感なし。

 

確かなのは、デルのキーよりも(ちょっと)大きくて押した感覚がいいっ!

 

「私も英語のキーボードにしよう!」
と思ってる方に、ひとつ警告。

 

英語のキーで買ったら、セットアップの言語も英語で初期設定しよう!

 

英語のキーなのに、日本語で設定を始めると、
「どこで下線が出てくる?わから~ん!」
と、かなりのストレスでした。

 

なので、これ買いました。

 

ステッカー

 

ドイツ語のステッカーです。
アマゾンで300円。

 

 

 

 

これも中国から送られてきました~。

次はアマゾンで買ってた、RAMの補強。

 

裏面を開ける際、
「ツメを降りそうでヒヤヒヤ~。」
というコメント多し。

 

Youtube ビデヲで勉強してたお陰で、すんなり開きました。

 

あとは、空いているスペースにはめ込むだけ!

 

 

これでRAMが12GBになりました。

Thinkpad T480 バックアップ作成

お次は、ウインドウズがお釈迦様になった際に備えて、バックアップ。

 

 

これまたアマゾンで16GBのUSBステイックを調達。
1200円なり~。

 

 

 

 

バックアップを使うのは、
「危機一髪」
のとき。

 

そのとき、
「壊れてるがや~。」
だと、大粒涙。

 

2年保障。
丈夫なので、コレにしました。

 

バックアップの取り方

 

ウインドウズ10だと、
「検索」

「回復」
と入れると、バックアップの取り方が出てくるよ~。

 

詳細は専門サイトでご覧あれ。

 

参照元 : パスブル

 

「32GBを調達してください。」
とありますが、シンクパッドなら16GBで足ります。

バックアップを取るのに1時間以上かかるので、暇なときに。

 

M2.SSD

買ってから気が付きました。
爆速のM2.SSDは、NVMe というアクセスがある場合に、その効果を発揮します。

 

従来のSATA3の箇所に入れても、システムが対応していないので、本来持っているスピードが出ません。
知らなかった~。

 

問題はそれだけでは済まないっ!
M2.SSD はものすごい熱が出ます。

 

このため通常はデスクトップに入れて、
「放熱用のヒレ」
を一緒に埋め込みます。

 

ノートパソコンにはそんな場所がない。

結果、ファンがすぐに回りだします。

 

うるさくないけど、
「あ~もう熱くなってるよ。」
と、ちょっぴりガッカリ。

 

熱くなると、壊れないようにブレーキがかかり、遅くなる。
これじゃ、性能がよくても発揮できないよ。

 

これから注文される方に

 

レノボの注文画面で、第二の容量を選択できます。

そこに(確か)128GBの記憶媒体を加える選択肢があります。

 

コレです、早いのは!

 

メインの記憶媒体は500GBのHDDを選択、第二の媒体でこれを選択すると、こちらにウインドウズがインストールされて爆速になります。

モニター

「高解像度モニターは明るい!」
というので、2万円払ってWQHD(2560X1440)のモニターに。

 

確かに明るいっ!
すごい高解像度!

 

なんですが、色彩がかなり外れている。
個人的には、黄色と青色が強すぎ。

 

出荷前に多少、モニターの色を調整してて欲しい。

2週間かけて、あ~でもない、こ~でもないと調整、なんとか我慢できる色に。
モニターはデルのパソコンの方が色が原色に忠実でした。

ウインドウズ10は使い難いっ!

ウインドウズの7から10へ乗り換え。
全然わかんない。

 

マイコンピューターやシステム調整の窓の開き方が、わかんない。
毎回、ネットで検索してから使用。

時間が2倍かかるので、仕事になんない!

 

ウインドウズ、毎回、メールのプログラムを変更するのは辞めて!

 

昔はOutlook Express。

「こんなに使い勝手のいいプログラムはない!」
と思ってたら、Windows Liveになり、今度はOutlook。

 

SMTP サーバーを使っていると、メールの詳細設定ができず使用不可。
2時間調べまくったのに、メールが送信できない!

 

しぶしぶウインドズのオフィスに入ってた、Outlook 2016を導入。
これならメールが受信できる。

 

が、使い勝手が悪い。
余計な機能が多過ぎ!

 

結局、無理やりWindows Liveを導入。

ウインドウズ、毎回、新しいメールプログラムを導入するのはやめて欲しい。
もっとユーザーの事を考えて!