Lenovo Thinkapd T480 春先のバーゲンで買ってみた | 【雨にも負けず】個人投資家奮闘記

【雨にも負けず】個人投資家奮闘記

コロナの余波で、収入が突然ゼロに!
新しい収入源の開拓を余儀なくされ、選んだ仕事が投資。
果たして投資で生活費が稼げるのか?

Lenovo Thinkapd T480 初期設定中~。

 

今となっては、知っている人は少数派?

かってはIBMが販売していたパソコンがシンクパッドです。

 

当時は
「落としても壊れない。」

 

が売り。

象が踏んでも壊れない筆箱を思いだすな~。

 

コーヒーシャワーも生き延びるしぶとさ。

伝説の堅牢性は実在しているのか?

 

もうひとつのウリは、
「世界で一番打ちやすいキーボード」

これら伝説を検証していきたいと思います。

 

Lenovo Thinkapd T480 春先のバーゲンで買ってみた

3月から始まりました。

恒例、Lenovo の売り尽くしセールです。

 

毎年、4月以から新モデルが登場。

T480はT490に。

 

「やっぱり新型の方がいいじゃない!」
と古い方は売れ残るので、在庫一掃セールです。

 

もっともT490になると、シンクパッドのウリだった電池の取り外しができなくなります。

さらには、SDカードスロットも廃止。

 

パソコンを薄くするため、機能を削減。

SDカードスロットもないから、要小物。
毎回、出張、休暇に小物を持参しなきゃ!

 

絶対忘れて、現地で買い直し。
出張、休暇のたびに増えていく小物、、。

 

買うならT480。

インテル 9世代 プロセッサー

そもそも4月に新モデルが出るのは、年末にインテルが新プロセッサーを出すから。
今度は9世代目です!

 

参照元 : Intel

 

トップモデルのi9は、8コア+16スレッド!
これまで使ってるパソコン、2コアで2スレッド。

雲泥の差。

 

でもi9なんて、高くて手が出ない。

 

9世代目のi5モデルは、なんと6コア+6スレッド!
8世代のi5モデルは、4コア+8スレッド!

 

へえ~。

8世代目のプロセッサー、8スレッドもあるんだ。
今、調べてわかったよ~。

 

ゲームしなければ、これで十分じゃない?

この新プロセッサーを積んだモデルが、これから続々登場。

 

特売 Thinkapd T480 のスペック

自分の好み(予算)にあわせて、部品を選べるのはいい!
こんなスペックにしますた。

 

プロセッサー Intel i5 8250U

1.6GHz x 4コア
負荷がかかると、ターボで3,4GHz x 4コア。
これで十分。

 

選択肢として Intel i5 8350Uもあります。
1.7GHz x 4コア

差は微々たる物。

 

でも1万円追加。

これは要らない。

 

モニター

T480の欠点はモニター。
安いモニターを使うんです。

 

先代、T470からやっとIPパネル。
それまではTFTパネル。

 

でもそのIPパネルの明るさが低いんです。

 

ビジネスパソコンの売りは、
「屋外でも使える!」
です。

 

なのにモニターの光度が低すぎて、全く読めないっ!

 

これには理由あり。

レノボは高いパソコン、T480Sを用意。

 

これには解像度が高くて、明るいモニターを使用。

「明るいモニターが欲しければ、高いモデルを買ってね。」
という理屈。

 

幸い、
「売り尽くしセール」
になると、T480Sに搭載の高解像、高光度モニターも選べます。

 

WQHD 2560X1440 IPS 光沢なし

で決まり。

追加2万円。

 

メモリー

たったの4GBしか載ってません。

これを8GB x1 にするだけで、1万円+~。

 

自分で8GB X1 買って装着すれば、12GB。

アマゾンで注文しますた。

 

 

 

 

 

グラフィックカード

 

必要かどうかわからな~い。

 

でも、
「つけておけばよかった!」

「要らなかった!」
のどっちがマシ?

 

後者じゃない?

Nvidia GeForce MX150
を1万円+で追加。

 

天板

 

プラスチックと合金を選べます。
それも3000円で。

なのに安売りセールでは合金は売り切れ。
残念。

 

カメラ

 

高解像度のモニターを選ぶと、
「勝手に」
IRカメラになちゃう。

 

これはログインの際に、自分の顔を使えるもの。
赤外線で識別するので、暗い場所でも使えるんだって~。

 

SSD

 

これが一番悩んだ~。

基本モデルは、500GBのHDD。

今時、HDD搭載モデルがあるんですね~。

 

自分で500GBのSSD買って装着するか?
1万円で済む。

 

超高速M2.0 2280 256GBにすると1万8千円。

 

でも売り尽くしセールで、1万2千円。

値段に負けた~。

 

M2.0 2280 256GB を選択。
ごっつあんです。

 

指紋センサー

 

3000円ですからね。
ここからさらに割引効くから、付けないという選択肢はなし。

 

キーボード

英語キーボードでしょ!
それにバックライトをつけると7~8000円追加。

 

バッテリー

 

知らなかった!
シンクパッド、全部と後部にバッテリーが2つも入るんだ!

 

「要らない」
と前部の電池を抜くと3000円安くなる。

3000円なら、付きでしょ!

 

後部バッテリー、3セルと6セルを選べます。

で、同じ値段!
だったら長持ちする6セルでしょ!

お会計

メーカー希望価格が19万8~9千円。

割引が効いて、121232円。
消費税込み、郵送費込み!

 

安い!

日曜日の深夜、特売セールが終わる数時間前、クレジットカードでご清算。
何日くらいで届くかな?