ボーデン湖畔の観光名所 メーアスブルク | 【雨にも負けず】個人投資家奮闘記

【雨にも負けず】個人投資家奮闘記

コロナの余波で、収入が突然ゼロに!
新しい収入源の開拓を余儀なくされ、選んだ仕事が投資。
果たして投資で生活費が稼げるのか?

絵のように綺麗なメーアスブルク

 

 

アウグスブルクからフライブルクに行くには、
「上周り」

「下回り」
のどちららか。

 

「まっすぐ、西に走ればいいじゃん。」
というのはナシ。

 

道路がないんです。
そこで行きは上周り。

 

シュトラースブルクまで行って、南下しました。

フライブルク発 アウグスブルク行き

上周りのほうが高速があるので早い(筈)。
が、8号線が工事中。当然、渋滞。

 

「またあそこを通るのはご勘弁。」
と復路は南周りに決定。

 

のどかな山村をみながら、クルーズです。
"Adlerstieg"(鷲が登る場所)
なんて住所がありました。

 

のどか~。
もっともここまで遠出して、このまま自宅まで変えるのでは能がない。

 

途中で写真撮影していくことにしました。

ボーデン湖畔の観光名所 メーアスブルク

というのもちょうど真ん中に、
"Meersburg"(湖の城砦)
なんて名前の町があるんです。

 

アウグスブルクから日帰りで行くにはちと遠い。
フライブルクから2時間半ほどで到着。

 

駐車場が小さく、満車。
空きが出るまで30分待ち。

 

山の上に名前の起源になった要塞が見えます。

 

 

骸骨屋敷

まずは山の上から攻めます。
見事な骸骨屋敷が、

 

 

見えてきました。
お見事~。

 

旧市街

一番綺麗なのは、このレストラン。

 

 

名前は
「ライオン軒」

 

でも一番有名なのは、この宿屋。

 

 

「熊屋」
という名前で13世紀の開業。
ドイツ最古の宿屋です。

 

先に見えるのが、

 

 

「赤い塔」
ではなくて、
「上の塔」
です。

 

かってはもうここが町の境界。

この塔の先、右手に駐車場があります。

下にある駐車場は満車なので、ここの駐車場にいきましょう。

 

"Burg"(城砦)
とは言いますが、もう城壁は残っておらず、

 

 

塔だけ。
ライオン軒の横を先に進むと、

 

 

要塞の中心部にいけます。
かっては権力者(教会関係者)とお金持ちだけが住めた場所で、

 

 

小奇麗な屋敷が多いです。
このレンズは逆光でもよく撮れる~。

 

 

ところどころに原住民専用のカフェ、レストラン。

 

司教の城

いよいよ先に司教様のお城が見えてきました!

 

 

司教様は元々、対岸のコンスタンツに住んでいたんです。

ところが宗教改革の波がやってきて、コンスタンツを追われます。
ここへ逃げてきました。

 

司教様の居住地にふさわしくお城が建造されました。
もっともその後、カトリック軍がコンスタンツを奪回。

司教様はコンスタンツに帰っていきました。

 

今は博物館として利用。

この先からの見晴らしが素晴らしい。

 

なのに今回はここまで。

肝心の見所は次回までお預けです。

 

乞うご期待。