北沢俊美防衛相は28日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題で政府対処方針への署名拒否の姿勢を示している福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)について「閣内にとどまって反対することは内閣の存立を脅かす」と述べ、日米共同文書への県内移設明記に同意できないなら閣僚を辞任するよう促した。
 防衛相は「署名を拒否するということは首相に対する不信の表れになる。その前に自らの立場を明らかにする方が政治家として当然(の姿)だ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

よく使っているデジイチ&コンパクトデジカメは?(Business Media 誠)
携帯電話1号機も展示「MOBILE TIDE 2010」(Business Media 誠)
中期経営計画を発表―アステラス製薬(医療介護CBニュース)
アユやモクズガニ 目黒川で「発見隊」(産経新聞)
「辺野古」明記見送り要望 民主沖縄県連(産経新聞)