行けるところまで行き、然るべき場所で死ね

ブログの説明を入力します。


テーマ:
「パイプオルガン、ピアノ奏者・Eiに聞く
ドイツから見た「墓の魚」の音楽」




今回も、来年2/7コンサート

「スペイン・ピカレスクと、
墓地と、対位法の芸術」


に向けて、出演団員に一人ずつ
「墓の魚」の魅力と、参加する意気込み
についてインタビューしていく
人気シリーズ、いよいよ第四弾です♪

今回は「墓の魚」のパイプオルガン、
ピアノ奏者であるEiさんです♪




インタビュー文・協力/Nさん



●Eiさんは比較的、初期の頃のから
このオーケストラに携わっているそうですね。

それこそ、様々な
「シャンソン・フュネライユ」の曲を
演奏してきたのだと思います。

ドイツでオルガンを学び、
今までも様々なクラシックの
鍵盤曲を弾いてきたEiさんにとって、
「墓の魚」のオルガン曲や、
ピアノ曲の魅力とは何でしょう?


[Ei]

独特な世界観。




●難しいと言われている黒実 音子の
ピアノ曲ですが、Eiさんが弾いた彼の曲の中で
一番、難関だった曲は何でしょうか?


[Ei]

どれも難関です。




●「墓の魚」では、
ピアノとオルガンを担当しているEiさんですが、
どちらかと言われれば、
どちらの楽器が好きなのですか?


[Ei]

難しい質問ですね。
どちらもまったく違う楽器なので、
甲乙つけられません。




●Eiさんはドイツが大好きで、
毎年、ドイツに行かれているそうですね。
Eiさんにとって、ドイツの一番の魅力とは?


[Ei]

日本に似ていると言われているが
実は全く似ていない思考や感覚。

でもこれって多分
ドイツだけではないと思います。

たまたま自分はドイツが
日本以外の国の軸になっているだけ。



●「墓の魚」のテーマはメメントモリですが、
ドイツにもメメントモリ哲学は
浸透しているのでしょうか?


[Ei]

スペインやイタリアからの流れで
フランスやオーストリア、スイスに近い南ドイツ地方
では感じるところもありますが、
他の地方では感じられないですね。

ちなみに他のヨーロッパの国も
そうかもしれませんが、
ドイツでは祝日等も各地方で違ったりしていて
かなり地方色が濃い国です。

ですので地方によって
かなり文化、世襲も違います。



●様々な他ジャンルの音楽が流行し、
クラシック音楽が衰退しつつある中で、
クラシック音楽は今後、
どんな道を辿っていくと思われますか?


[Ei]

これ以上は衰退しないと思います。
“音楽”というものがある限りは。。。



●「墓の魚」の活動目的の一つに、
たくさんの人々に
マニアックな芸術文化を知ってもらい、
それを浸透させていきたい・・・
というものがありますね。

Eiさん自身は
音楽を始めたきっかけは
何だったのですか?


[Ei]

きっかけは何であれ、
色々な方と出会え事がよかったです。




●芸術は音楽以外にも
詩や、絵画や、彫刻などありますが、
ドイツに行かれているEiさんは、
音楽以外にも
そういった文化に触れる事が多そうですね。

音楽以外に好きな芸術はありますか?


[Ei]

絵画、文学、彫刻なんでも好きです。

ただ、絵画、彫刻に関しては
ドイツはあまりないので、
やはりスペイン、フランス辺りの
画家さんや彫刻家のをよく見ます。

ドイツ自身ではあまり発展しなかったけど
周りの国々が豊かな芸術を発展させているから、
それを輸入している感じかなと思います。



●好きなクラシック作曲家は誰ですか?

[Ei]

作曲家ならだれでも好きです。
曲ってやはりその人の個性が出るから。

一人にこだわらず、
色々な人の曲を演奏したいミーハー派なんです。

でも、皆さまからのこういう質問で
代表していただいているのが、
フェーリクス・メンデルスゾーンです。




●最後に
お客さんに対して、2/7のコンサートの
見所と意気込みをお願いします。


[Ei]

見どころはやはり「歌」だと思います。

独特な歌詞。

そして歌い手さん皆さん素晴らしいです。

自分は歌い手さんの
足をひっぱらないよう頑張ります。





インタビュー第一弾(黒実音子)はこちら → http://ameblo.jp/pez-de-tumba/entry-12081399672.html


インタビュー第二弾(伊藤雅俊)はこちら → http://ameblo.jp/pez-de-tumba/entry-12081401250.html


インタビュー第三弾(うおい)はこちら → http://ameblo.jp/pez-de-tumba/entry-12086150834.html


**********************************
少しでも気に入ってくれたら、フォーローして下さいね♪
ツイッター
応援してくださいね♪(皆様の応援が絶対必要です♪)

フェイスブックページ作りました!!!
http://www.facebook.com/groups/264135390425742/

スペイン墓の魚・室内管弦楽団・公式サイト
***********************************
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

「スペイン墓の魚・室内管弦楽団」(作曲家・黒実 音子)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。