前2回にわたって

 

愛犬と上手にコミュニケーションを深めていくには

 

 

愛犬がどのような行動をとっても

 

ママの気の持ち方が大事だということをお話ししました。

 

 

 

 

「気持ちの切り替えは出来るんですが

 

何度も同じ問題を繰り返してしまいます。」

 

 

というママさんも意外と多いので

 

今回は、なぜ同じ問題を繰り返してしまうのか

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

 

感情は心から沸き起こるもの。

 

頭で気持ちを切り替えても、自分の感情のクセは変わっていないので

 

同じような状況でまた同じ感情が出てくるので

 

同じ問題を繰り返してしまう、ということになります。

 

 

 

 

愛犬が、

 

 

様子がおかしいと不安になる

 

唸ると恐怖を感じる

 

落ち着きがなく恥ずかしい

 

吠えるとイラっとする

 

吠えると近所迷惑ではないか不安を感じる

 


などなど、

 

言い出したらきりがなさそうですが、、

 

 

 

 

どうしたら感情のクセは変わるのでしょうか?

 

それは、

 

 

 

 

無理に気持ちを切り替えようとするのではなく

 

感情をそのまま、感じるだけ。

 

 

 

 

 

 

それだけです。

 



 

 

書くのはとても簡単なのですが

 

これが一筋縄ではいかないもの。

 

 

 

 

何故かというと

 

人は負の感情を感じたとき無意識に

 

良し悪しを決めることに頭が働くからです。

 

 

 

 

なんでこうなるの!?

 

このコをなんとかしないと!

 

何がいけないのかしら

 

私が悪いのかもしれない・・

 

あの人のせいだ!

 

 

 

 

そして、

 

 

私がいけないんです

 

このコはダメなコ

 

あの人が悪い

 

 

と、何が悪いのかを決めようとする。

 

 

 

 

このように、

 

勝手に進んでいく思考に自分でストップをかけ

 

ただ、

 

「私は今、こういう気持ちなんだ。」

 

と感情を客観的に見つめるだけでよいのです。

 

 

 

 

自分の負の感情をみつめると、それを

 

認めたくない気持ちになることもあるかもしれません。

 

 

 

 

それを受け入れないとダメ、というわけではなく

 

それすらもただ、

 

「私はそれが受け入れられないんだ。」と

 

みつめるだけで大丈夫。

 

 

良し悪しは決めなくて大丈夫なのです。

 

 

 

 

これは、実は、

 

「デキる女性」や「頑張り屋さん」の方が

 

この思考にはまりやすい傾向があります。

 

デキる人は頭がよく働きますからね。

 

 

 

 

状況や誰かに良し悪しをつけず

 

ただ自身の感情をみつめることを繰り返していくとどうなるか、

 

 

 

 

 

そのうち、ふっ切れます。

 

 

 

 

同じ状況になっても

 

今までのような気持ちは湧いてこなくなるのです。

 

 

 

 

ふっきれた分、余裕が生まれる。

 

 

 

 

要するに、

 

自分の心から目をそらし続けると

 

いつまでたっても同じ感情に

 

付きまとわれることになってしまう、ということです。

 

 

 

 

ですので、ふっきれるまで

 

ただひたすら感情を感じるということが

 

問題解決の一番の近道と言えるかもしれません。

 

 

その感情がふっきれるまで

 

どのくらい時間がかかるかは人それぞれです。

 

 

 

 

心の持ち方はさておき

 

愛犬の問題に対して、具体的な対処の仕方を知りたい

 

と思われる方も多いと思いますが

 

 

小手先のテクニックよりも、ママの心に余裕ができると

 

それに合わせて愛犬の問題も落ち着いていく

 

ということもよくありますので

 

まずは心の持ち方を実践してみてください。

 

 

 

 

これまで数回に渡ってお話ししてきた

 

「ママと愛犬の感情の課題を解決する」ことは

 

どなたにおいても愛犬とパートナーシップを築くうえで

 

欠かせないものとなります。

 

 

 

 

ところで、

 

感情はただ見つめていくとそのうちなくなると言いました。

 

 

ネガティブな感情は、なくなるならその方がよいかもしれませんが

 

ポジティブな感情はどうでしょうか?

 

 

もし、ポジティブな感情も見つめていくとなくなると言われたら

 

それは抵抗がありますよね? 

 

 

長くなりましたので

 

これはまた、別のお話しで。