シニア犬 最期まで幸せでいてほしいから

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 犬の視覚とコミュニケーション
 犬はとても鼻が良い代わりに目はあまりよくないといわれますね。でも、もちろん、犬同志が表情や姿勢、動きなどでコミュニケーションをとっていることを考えれば、視覚をしっかりと利用しているのはまちがいありません。すでに「犬のコミュニケーション能力その1」で、犬は人とコミュニケーションをとるのに視線を多用するし、人の視線の意味も理解していることも書きました。視覚によるコミュニケーションの特徴は刻一刻と変化すること、また相手との距離があまり離れていないこと(短距離または中距離)が条件となります。今日は犬の視覚についてまとめることによって、犬とのコミュニケーションを考える一助としたいと思います。
 はじめにいわゆる視力ですが、人でいう視力測定の平均0.2程度と言われています。まあ、細かい文字などは読まなくっても良いのですから、その辺が未発達なのは頷けますよね。その代り、静止しているものをみる視力に比較して、捕食行動に欠かせない動体視力、すなわち動いいているものを見つけたり、その距離を測ったりという能力は明らかに人間を上回ります。アフガンハウンド、イタリアングレーハウンド、サルーキーなどのサイトハウンドグループに含まれる犬種では特にこの動体視力が勝れた犬種たちとして知られています。一つの理由として、犬が正面を向いているときに見ることのできる範囲(視野)の広さがあげられます。人では平均すると120度くらいなのですが、サイトハウンドでは270度も見えるのです。すごくないですか?自分の真横までで180度ですから、これを超えてさらに90度も見えるのです。ちなみにサイトハウンドからほど遠いパグでさえ220度の視野を持っています。面白いことに、両目で見える範囲は80度くらいしかないんですよ。ですから、残りの部分はそれぞれ左目だけ、右目だけで見ていることになります。私たちも「ちらっ」とした動きを視野の片隅に感じることがありますよね?この範囲がとても広いわけです。犬は視野が広い。これは覚えておかなくてはいけません。つまり、犬が私たちに背を向けているから・・・と思っても実はしっかり視野の中に入っている場合が多いということです。風下で(つまり匂いが無くて)、犬には見えていないだろうと思って、おやつを取り出しこっそり食べようとしても、十分にも見えてしまっているわけです(笑)。

 次に色覚です。色は光の三原色と言われる青・緑・赤の三色の組み合わせによって作られるのはご存知の通りです。犬は赤色を認識する錐体が発達していません。緑の芝生の上で赤いボールを使った持ってこい遊びを考えてみましょう。私たちにとっては緑の中の赤は目立つわけですが、犬にとってはボールの赤が芝生の緑色に同化してしまうために見つけづらいことになります。犬にとって芝生との色の違いが分かりやすいのは黄色や鮮やかな青色ということになります。これも、犬とのコミュニケーションとしての「遊び」の際に覚えておきたい情報ですよね。
 私の住んでいるところは朝晩、10度台の気温となり、日中も25度には到達しない毎日ですが皆さんのところはいかがでしょうか?残暑が厳しいところもあるでしょうね。どうぞ、ワンズともども、お大事に!
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

獣医師・南佳子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります