1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-10-20 23:48:20

2012夏の北東北旅行38 最終回

テーマ:おでかけ 東北旅行

長々つ綴ってまいりました夏休みの北東北旅行。

半分お仕事、半分プライベート旅でした。

息子はおばあちゃんとタイ旅行に行っていたため、

久しぶりのオットと2人旅です。


目次はこちら → 『2012 夏の北東北旅行 目次』 http://amba.to/R1KZu2




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


恐山は、下北半島の先の方の膨らんだ部分(?)にありました。

あの不思議な湖は、火山活動でできたカルデラ湖。

北の先端に見える大間は、あのマグロで有名な大間。海のすぐ向こうは函館です。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


そうそう、恐山には路線バスで行くことができます。

「冷水」という面白いバス停を発見したので、ちょっと寄り道。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

その名の通り、バス停には、冷水がこんこんとわき出ていました。


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


不老水・・・・聞き捨てなりません(^_^.)


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

私も少しわけてもらいました。


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」



すっきりとしたおいしいお水でした!



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

思ったよりもバスの本数もあるみたい。

しっかりチェックすれば、バスでの訪問もよいかもしれませんね!



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


借りていた車を返すために、お世話になった青森の会社へと向かいます。

行きは太平洋側を通ったので(原発関連施設がたくさんあり驚きました)、

帰りは陸奥湾側を通ることに。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


海沿いの道が続き、珍しい列車にも出会い、なかなか楽しいドライブ。


そうそう、陸奥湾沿岸は、ホタテの産地なので、

ものすごく大きなホタテフライや、そのホタテフライがはさまれたホタテバーバーなどを食べました。

おいしかったですよ~!!!



青森に戻り、車を返してから、この青森滞在中、とてもお世話になったおじさまと一緒によるごはん。

楽しいひとときでした。

それから、青森空港まで送っていただいて、羽田行き最終便で帰宅。

息子なし、半分お仕事と、異例の旅行ではありましたが、とても楽しい5日間でした!



また違う季節に行きたいな!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-20 09:16:42

2012夏の北東北旅行37 霊場アイス 恐山の風景⑦

テーマ:おでかけ 東北旅行

月日が経つのは、早いですねぇ。

最近、しみじみ、そう思います。


さて、のんびり綴っている夏の旅行記。

毎年、尻切れとんぼに終わってしまって後悔しているので、

今年は、ゆっくりのんびり、最後まで書きたいなぁと思っています。

よろしければ、おつきあいください。


目次はこちら → 『2012 夏の北東北旅行 目次』 http://amba.to/R1KZu2



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


日の光によって、表情を変える恐山の風景。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


修行者や参拝者さんたちは、その光景に、自分の人生、世の移り変わりなどを、

重ね合わせていたのかもしれませんね。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


植物は、自分たちの生息できるところまで、果敢に進出を試みています。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


弱いようでいて、たくましい。

そういえば、息子が、植物という不思議な生き方という本を読んで、

植物の戦略に関心してしましたっけ。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


湖畔をもっと散策したかったのですが、帰りの飛行機の時間もあるので、

そうそうゆっくりもしていられません。

旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


いつかまた、違う季節に来てみたいな。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


山門へと戻ることにします。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

地蔵菩薩さまが本尊ですから、境内にもたくさんのお地蔵さん。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」





旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


なんだか、不気味なものがたくさん立ち並んでいます。

高さ3メートル近くあると思います。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


供養塔なんですね。


そういえば、オットが、ナルトの作者はここに来たことがあるに違いない!って言っていました(^_^.)

言われてみると、こんな風景が描かれていたような気も・・・・。

くちよせ!も出てきますしね。






旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


山門に戻ってきました。






旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


不思議なお寺だったなぁ。。。。。



さて、拝観チケット売り場の隣に、とっても気になるお店がありました。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

霊場アイス???



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

合掌しながら食べろってこと??

ヨモギアイスとな???


この日は、とても暑かったこともあり、チャレンジ!!



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


ミックスを注文しました。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


気になるヨモギアイスのお味は、ヨモギでした(^_^.)

蓬餅をシャーベットにしたような・・・・・??

良薬は口に苦し、と書かれていましたので、苦いのかな?と思いましたが、

甘くてとてもおいしかったです。




おっと、また長くなってしまいました。

北東北旅行最終回は、次回にいたいます~(^o^)丿







AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012-10-19 08:34:23

2012夏の北東北旅行36 恐山の風景⑥ 強酸性でも生きる魚

テーマ:おでかけ 東北旅行

夏の旅行記を書いているうちに、すっかり季節は秋!

しかし、めげずに(^_^.) 続けます~(^o^)丿



目次はこちら → 『2012 夏の北東北旅行 目次』 http://amba.to/R1KZu2




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


至る所に噴出孔がある恐山の境内。

境内にある宇曽利湖の中にも、地球のエネルギーを感じることができます。

右下の波紋は、湖底から温泉が湧き出ているところ。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


湖の中ですから、温度はそれほど高くありません。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


カラカラと回る風車が印象的。

旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


ここに来ると、何かを祈らずにはいられない気持ちになります。

日本三大霊場と呼ばれるのも、なんとなく、わかるなぁ。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


この湖は、強い酸性なので、生き物はすごく少ないそう。

なんと、この湖に住めるお魚は、うぐいというお魚1種類なんだそう。

強酸性の環境でも生きられるこのお魚、研究対象にもなっているんですって。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」  ←こんなお魚(Wiki より)

すご~い。お魚進化系??

様々な環境に対応できるらしいです。

釣りをすると、すぐに食いついてくると言いますから、

かなり欲張りさんかな(^_^.)

残念ながら、あまりおいしくないそうです。






旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


硫化水素が湧きでているため、こんな色の部分もあります。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

なんとも、不思議な光景・・・・!!




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


青森旅行記、次回はやっと最終回の予定です~(^o^)丿





旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。