1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009-03-25 08:23:15

入園前のオススメ絵本♪

テーマ:春の絵本

入園を控えて、わくわくどきどきの方も多いと思います。

一緒に絵本を読みながら、入園を待つ時間を楽しめるといいですよね~ペネロペ




ペネロペようちえんへいく ペネロペしかけえほん ペネロペようちえんへいく ペネロペしかけえほん
アン・グットマン

岩崎書店 2004-08-24
売り上げランキング : 8184
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大人気のペネロペちゃんの絵本。

ペネロペちゃんが幼稚園でいろんなことをしますよ。

絵の具を混ぜたり、お外ででんぐり返ししたり。お魚にえさをあげたり…。

動きがユニークなしかけがいっぱいの楽しい絵本です。

幼稚園での生活が楽しみになりますね♪

きみたちきょうからともだちだ きみたちきょうからともだちだ
長谷川 義史

朔北社 2005-03
売り上げランキング : 70965
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

きょうは入園式。

緊張気味に新入園の子たちが入場してきました。

すると、年長さんのお兄さん、お姉さんがいろいろ仮装をしてお出迎え。

なんだか面白そう!!

お兄さん、お姉さんたちが、園の中を案内してくれました。

こんなふうに楽しく迎え入れてもらえば、園生活もスムーズにスタートできそうですね!

こぶたほいくえん (幼児絵本シリーズ) こぶたほいくえん (幼児絵本シリーズ)
山脇 百合子

福音館書店 2001-03-15
売り上げランキング : 173400
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

三つ子のこぶたは今日も元気いっぱいに遊んでいます。

でも、元気がよすぎてお父さんとお母さんはちょっと困っていました。

そこで、相談をして保育園に預けることに。

初めて両親から離れた三つ子は泣き出してしまいます。

でもね、みんなでかけっこをしたらいっぺんに機嫌が治ってしまいましたよ!

保育園が大好きになったのでした♪



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-03-23 22:55:32

卒園&入学がテーマの絵本

テーマ:春の絵本

入園、進級、卒園、入学・・・・

春はこどもの成長を感じる季節ですね。

卒園や入学をテーマにした絵本を集めてみました。





みんなともだち (ピーマン村の絵本たち) みんなともだち (ピーマン村の絵本たち)
村上 康成

童心社 1998-01
売り上げランキング : 6535
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ピーマン村の絵本は、季節ごとのテーマで構成されていますが、

これは「卒園」がテーマ。

みんなともだち~♪ ずっとずっとともだち~♪

この歌を、卒園式で歌ったこどもたちも多いんじゃないかな?


おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち) おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)
村上 康成

童心社 1999-01
売り上げランキング : 4382
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大きくなるっていうことは、洋服が小さくなるっていうこと。

新しい歯が生えるっていうこと・・・。

こどもたちは自分自身の成長を、どんなことで感じているのかな。

大きくなるっていうことは、高いと ころから飛び降りられるっていうこと。

でもね、飛び特りても大丈夫かどうか考えられるってことも大き くなるっていうことかも・・・!




一年生になるんだもん 一年生になるんだもん
大島 妙子

文化出版局 1997-09
売り上げランキング : 283390
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さっちゃんは6歳になりました。

来年の春にはいよいよ一年生になるのです!!

一年生になる準備がいろいろと始まりましたよ。

学校に健康診断に行ったり、ランドセルを買いに行ったり。

わくわくすることがいっぱいです。

満開の桜の中、新しい一年生が楽しそうに歩く日ももうすぐですね。




いちねんせい いちねんせい
谷川 俊太郎

小学館 1987-12
売り上げランキング : 5981
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

谷川俊太郎さんと和田誠さんが、一年生のみんなに、

おめでとうの気持ちを込めて贈る、ひらがなの詩の本です。

声に出して読んでみると、わくわくする気持ちが心の中に広がります。

一年生だけでなく大人の方も、新しい気持ちを取り戻すことができるかも。

「詩」が身近に感じられる本です。




くんちゃんのはじめてのがっこう くんちゃんのはじめてのがっこう
まさき るりこ

ペンギン社 1982-02
売り上げランキング : 100439
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

くんちやんは今日から一年生。

学校までの道を行くくんちゃんは、みつぱちやビーバーに、これ から学校へ行くんだよと話しかけます。

はりきって学校へ着いたくんちゃんですが、いざとなると心 配になってきてしまいます。

そんなくんちゃんを暖かく受け入れてくれる先生がとても素敵です。

一年生の心情があふれていて、共感するこどもたちも多いんじゃないかな。

初めての場所で不安に思う子どもの気持ちを優しく包み込む先生の姿に心暖まる絵本です。




ぜったいがっこうにはいかないからね―チャーリーとローラのおはなし (チャーリーとローラのおはなし) ぜったいがっこうにはいかないからね―チャーリーとローラのおはなし (チャーリーとローラのおはなし)
木坂 涼

フレーベル館 2004-03
売り上げランキング : 279950
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チャーリーの妹ローラはもうすぐ一年生。

でも学校へ行く気はまるでなし。

チャーリーがあれこれ言ってもぜんぜん言うことを聞こうとしません。

なんだかんだと屁理屈こねて学校へ行きたがらないローラに対して、チャーリーが奮闘します。

ここは兄としてなんとか説得しなきゃ…。

わがままな妹に手を焼く心優しい兄の姿をユーモアたっぷりに描いた絵本です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-19 21:35:30

☆ ピッキーとポッキー

テーマ:春の絵本

ピッキーとポッキー (幼児絵本シリーズ)
ピッキーとポッキー (幼児絵本シリーズ)


子供のころ読んで、大好きだった絵本。

もう大好きで、大好きで、たまらなく大好きで、何度も何度も読みました。

間違いなく好きな絵本ベスト3に入ります。

子供のころはもちろん作者なんて意識していませんでしたが、
作は嵐山光三郎さん、絵は安西水丸さんだったんですね!

大人になってからもう一度読んでみると、かなり適当な、無茶な展開ですが、

やっぱり「好き」な気持ちは変わりありませんでした。


こどものころ特に好きだったのが、地図のページ。

「ここをとっていったんだわ」「ここであの出来事がおきたのよね」とか、
いったん読み終えてから何度も何度も見かえして楽しんでました。
ピッキーとポッキーが草についたあさつゆで歯を磨くという場面も印象深かったな~。
「あさつゆ」がなんともまあ魅力的で・・・!

おべんとうの中身も魅力的。すみれのサンドイッチがすごくおいしそう!


挙げたらきりがないのですが、こども時代の私にとって、宝物が詰まったかのような

大事な絵本でした。


春爛漫なピッキーとポッキーの世界、ぜひお楽しみください♪






ちなみに、こどものころ好きだったベスト3はほかに、


にんじんばたけのパピプペポ (かこさとしおはなしのほん 8)
にんじんばたけのパピプペポ (かこさとしおはなしのほん 8)
ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本) (こどものとも傑作集)
ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本) (こどものとも傑作集)


みなさんは、こどものころお気に入りだった絵本はありますか??

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。