オーヴェルニュ・ローヌ=アルプ地方 アン県

Pérouges(ペルージュ)

 

こんにちは!木蓮です。

実は我が家。

昨日から、ちょっとしたミステリーがありまして。

 

この謎が解けたら、またブログにも面白おかしく話を書こうと思っています。明日の朝が、ちょっと楽しみ~♪

 

さて、このところちょっと真面目な記事ばかり書いていたので(笑)、今日は可愛い村のご紹介。

 

 

 

 

ここは、オーヴェルニュ・ローヌ=アルプ地方アン県にある最も美しい村の一つ、『Pérouges(ペルージュ)』。

私にとって、ローヌ=アルプはかなり遠いのですが、メルマガに書いた通り、そろそろ2016年に再編された地域圏で書いていこうと思います。

 

ようは、オーヴェルニュ地方とローヌ=アルプ地方は合併したんですよね。

 

さてさて。

この村はリヨンから、電車とバスを乗り継いで行くことが出来ます。

しかし、バスを待っているのも面倒なので、駅から歩いてしまいました。

 

歩くつもりなどなかったので、何も調べておらず、犬の散歩をしていた素敵なおじさまに声をかけると、「歩ける、歩ける。」と一言。

 

その言葉に勇気をもらい、友達と二人てくてく。

 

正直、こんな場所に本当に美しい村があるの?と、疑いかけた頃。

あの美しい村の看板が!(久々に載せてみました)

 

 

 

 

期待外れかも……と思いつつ、村の中に入ってみると。

いきなり、石畳が始まりました。

 

 

 

 

おっ!なかなか可愛い村だ!

やっと、テンションが上がります。

 

そう言えば、宣伝ですが。

やっと気が向いて、今まで撮りためていた扉や窓、看板のみを集めた写真を、インスタにアップしはじめました。

 

気が向いたら、『france_mokuren』で探してみてください。

(最後にリンクを貼っておきます)

 

 

 

 

さぁ、村の中に入って行きましょう。

村の中心部までは、どうやら静かな景色が続くようです。

 

 

 

 

この窓辺に置かれた紫陽花。

かなり重そうですが、落ちてこないのかな?

 

 

 

 

この看板は、きっとドラゴン。

やっぱり、フランスの小さな村の看板は可愛いもの率が高い!!

 

 

 

 

少しずつ、村が華やかになるにつれ、観光客の方もたくさん見られるようになりました。

やっぱり、花があったほうがいいですね。

 

 

 

 

この村の詳しいお話は、また次回。

今日は、写真のみですが、久々に私らしい可愛い小さな村。

明日からの更新を楽しみにしていてくださいね!

 

 

 

 

ってことで、インスタ。

毎日1枚ずつブログとは違う写真をアップしてます。

フランス好きな方はぜひぜひ。

https://www.instagram.com/france_mokuren/