中医学では”肝・心・脾・肺・腎”の

五臓について考えます



これらは、西洋医学でいう肝臓や心臓とは
違った意味合いをもっています(*^^*)





”脾”ってどんな臓?





今日は脾について、簡単に書いてみますね



脾といえば”気血”を作り出し、水分代謝をする臓です。

食べ物を消化吸収する部分なので、
西洋医学でいう”胃腸”のイメージですよね。




でもそれだけでなく、脾は
消化・吸収したものを上に上に運輸します。


この力によって、栄養分を全身に送ることが
できるんです。

脾は上にあげる力があるので、
この力が乏しいと、そこにあるべきものが下がってきてしまいます。

それがどういう状況かというと、
胃下垂などの内蔵下垂が挙げられます。





また、”統血(とうけつ)”する力もあります。
これは、血液が血管から漏れでないようにする力です。

例えば不正出血などがある場合、
脾の不調がないか考えます。






♦︎脾が担当する感情は…


♦︎脾に関連する部位は…
口、唇、肌肉など


♦︎脾がダメージを受けやすい季節は…
長夏


♦︎脾はこれに弱い
湿邪(湿度が高い状態)


♦︎脾に入りやすい味
甘味







脾は、湿度の高い時期にダメージを受けやすいです。

”長夏”というのは、
暦上のくぎりはないんだけど、
暑くて湿度の高い季節を指すんだそう。

中国で言うと夏の終わり頃に訪れるようですが、

日本でいうと”梅雨”の時期や、
夏の終わりの蒸しっとした時期がそうですよね。

日本ではこの”長夏”シーズンが比較的長いので、
”脾”の弱い人が多いのでしょうね。




脾の状態は、口唇に現れやすいと言われています。

脾がきちんと働いていれば、
唇は紅色でツヤのある状態です。






担当する感情は思。

思慮過度になって、くよくよと長く思い悩むと
食欲が落ちたりしますよね。

逆もまたしかり、脾に不調があるときは
思い悩みやすいと言われています。





甘い味は脾に入るので、
脾の不調には、
適度に甘い味を使っていきます(*^^*)







かなり簡単にまとめてしまいましたが、
少しでもイメージできると
他ともどんどんつながってくるかと思います




他の臓についても
順次、書いていきますね(*^^*)