Nazz の不思議

テーマ:

本日が休暇最終日。

随分長い間休みを取った。2週間は社会人になって初めてのことだ!!

でもいろんなことを考える時間としては、丁度よかった感じもする


さてNazz!丁度Todd Rundgrenの「スタジオ黄金狂時代」(P-Vine Books)が発売され、

やっと彼の全貌が分ると思ったのだが・・・まだまだ甘~い回想録であった。

彼がProducerとしてどんなに天才であったか!そして重要作品にどのように絡んだか、

ファンならずとも興味深々なのだが、Nazzの記事が少ないガーン


Nazzは、モンキーズ第二弾という触れ込みでAtlantic参加のSGCレーベルからデビュー

したBand もちろんSGCからレコードは出ているはずなのだが・・・・。
鯖酢の深い1日

親会社のレーベルからプロモ盤は出てます!これはビックリ。。

本来なら


鯖酢の深い1日

このような形で出たので素人に分り易い(Atlantic Group)ですね。


米は大きな国、まだまだ分らないことが多い。




Buffalo Springfield

テーマ:

久々のUPで有る。

長い間放置に反省並び意気込みが・・・少しね。。


BuffaloのAgain再現ライブが8月23日(火)浅草橋ブンカジャンにて行われるニコニコ

センチの瀬川さん、クロケッツの森山さんという私的には旬な2名により

企画されたライブは、21世紀のFollowerたちによる原点回帰企画第二弾!って

感じですチョキ



鯖酢の深い1日

これはBuffaloの1st. 見慣れた感じの方と思ったら大違い、下記のレーベルを見よ!



鯖酢の深い1日

これはカナダ盤MONOである。

一般的にレコ好きな人は、米とカナダは盤とジャケ共通と思っている方が多い。しかしカナダでは、

独自で生産し、しかも米とジャケ・レーベル違いが多いのだ!

残念なことにカナダ盤は高額で取引されることは少ないが、米盤とカナダ盤が混在し流通していたという

カナダ、これは大変興味深いことである。


また同じくメキシコは、米との流通はなかったのだろう、独自の文化で消費・生産していた。

つまり北米三カ国のレコは、それぞれの国で生産されていたのだ叫び

謹賀新年

テーマ:

新たな年を迎え、また未来を切り開いていかねばならなくなった。

と言っても皆もそうだけどニコニコ


未来に向かえど薄い壁が邪魔し、もがいているロックスターを発見!



鯖酢の深い1日


今となっては、人気がある構図だそうだ!