ペットと飼い主さんの心とつながる
異種間コミュニケーター
アニマル&ヒューマンメンタリスト

ペットブリス主宰
舟山萩恵(Hagie)です。

 

 

愛犬レネの6回目の命日が来ました虹天使

 

 

レネの遺骨

自宅で保管しているのですが

去年の暮辺りから気になっていて

命日の3月17日に粉骨をして来ました。

 

 

 

毎年、命日にプレゼントをくれるレネ

今年も用意してくれていましたプレゼント

 

 

今回のプレゼントは遺骨がらみ ニヒヒ

・・・だから

粉骨に連れていかれたって訳ね〜って

 

レネが仕組んだに違いない

感動的なサプライズが嬉し過ぎちゃって

ひっさびさにブログを書きました〜ちゅー

 
 

 

 

 
 
私が想定していた粉骨の段取りは
セレモニー系の会社にいって
担当者に骨壺を渡したら 
2、30分待つ感じで

パウダーになったレネが戻ってくる


そんな単純なやりとりだったけど

想定外の連続
 

まず、主人が予約してくれていたのが

・・・なぜここ?って感じの

高齢のご夫婦が営む粉骨屋さん

 

レネの骨壺を受け取ったら

そのまま奥に持っていくのかと思いきや

ゆったりとした優しい声で

 

「一緒に開けましょうねルンルン」って

 

火葬して6年

密閉されていた骨壺のテープを

目の前でベリベリ剥がし始めちゃって

 

えっ!? ニヤニヤハッ

それって想定外だよ〜


中身を見るの怖いかも〜アセアセ

 

で、ドキドキも中途半端なうちに

骨壺の蓋、あいちゃった~ゲッソリ

 

 

 

 

 

あいた骨壺の中からはというと

6年ぶりのレネが溢れ出てきましたブルーハーツ

 

粉骨屋さんのご主人は

骨から分かるレネの話をしながら

テーブルに広げた白い布の上に

遺骨を1つ1つ丁寧に取り出して広げていき

 

 

ご主人のお話と

私に届いてくるレネからのメッセージが

次々にどんどん融合していって

 

実際にレネがいる感覚がどんどん強まり

もう〜涙腺爆発 ドンッ

6年ぶりに生で再会してる感じがすごいハート


まさか、こんな形でレネに会えるなんて

全然予想してなかった笑い泣き

 


色んな事がてんこ盛りで

ここまでのお話もだいぶ端折ってます。

詳しく描きたい笑い泣き

でも、とんでもなく長いブログになるので

新ためて書かせて頂きます。



あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと




レネがお空にいってからも

関係性は心の中に育っているし

いつも心でシェアリングしてるから

自分は大丈夫❤ と自信があったけど

 

 

そんな私でも

気づいてなかった残されていた想いや

レネから受け取るべきメッセージが

まだまだあるんだー笑い泣きって


 

心がパッカーンと大きく開いて

その先にある新たなゲートが開いた花火

 

 

そしてレネから

「お別れ」を告げられました。

 

 

 

 

 

電話やメールではなく

会って話したい事ってありませんか?

 

今回のレネは、そんな感じだったのかも。

会って伝えたかったんだろうな~って

 

 

私がレネに告げられたお別れは

これで3回目です。

 

1回目は、息を引き取った日

2回目は、真の意味で天国の住人になった日

3回目は、今回の生まれ変わり

 

 

1回目のお別れが一番キツかったけど

悲しみには、その先がありました。

 

そこには生前には気づききれていなかった

ペットたちの思いが全部あって

 

気づくことが出来た思いから

自分の中へダウンロードされて

意味が深みを増していく感じで


関係性もアップデートされ

次元が変わっていくようなイメージ

 

 

何度もそこに行っては

生前に受け取りきれなかったレネの思いを

受け取っては気づきを得て・・・の繰り返し

 

 

 

 

2回目、そして3回目

それぞれの「お別れ」にも

次なる関係性へのアップデートと

新たに開くべき扉が用意されていました。

 

 

お別れによって

これまでの状態は終焉を迎えます。

でも、終わりは新たなスタートの始まり

 

レネも変わっていく

私も変わっていく

 

状況の変化も当然の流れ

あったものへ執着せずに

あるがままを受け入れながら

レネの変化に私もついていきたい

 

 

 

 

受け取りきれていない気持ちは

何年経っても心に居続けます。

執着も、自分を不自由にする

 

天国にいるペットとのハートのシェアリングは

自分の中にある、癒すべき部分を癒しながら

天国にいるペットとの関係性を

健全な形に整えながら強めてくれますよ。

 

 

帰りの車の中で、主人が

「そろそろ自由になりたかったんじゃない?」

って言ってきてウインク

 

レネの3度目のお別れは、

主人にも伝わってたみたいです。

 

 



愛犬たちはお空に行っても私たちを愛してる 

6回目の命日も

レネは素敵なギフトを届けてくれましたハート

 

 

目の前にいるうちの子のため

お空にいるうちの子のため

 

ペットのため、から始まる

自分のハートのレッスン

いつでもお手伝いいたします。

 

 

image

 

 

 

 

ペットブリスのホームページへ

 

 

お知らせ

 

飼い主さんのためのアニマルコミュニケーション

ペットオーナークラスはこちら≫≫

 

アニマルコミュニケーター養成講座開催中

詳細&スケジュールはこちら≫≫


ペットと飼い主さんのアロマライフ講座
ペットアロマクラスはこちら≫≫

オンラインサロン開催中

詳しくはこちらから≫≫