ペットと飼い主の心のナビゲーター

ペットブリス 代官山主催

舟山萩恵(Hagie)です。

 

 

先週の母の日にプレゼントを贈り

そのお返しと共に

母からの宅急便が届きました。

 

 

毎月1度

実家の母から宅急便が届きます。

 

中身は、お米と

母の焼いただし巻き卵です。

 

 

実家がお付き合いしている

お米屋さんから買ったお米を

送ってもらっています。

 

同じ銘柄のお米を

東京で買って食べた時に

炊きあがった時のお米の感じや

口当たりとか後味とか

ちょっとした所なんだけど違う感じ。

 

そこがとても大切な部分で(苦笑)

そんなこんなで

お米は実家から送ってもらいます。

 

それから、母の焼いただし巻き

これは主人の大好物。

 

 

かれこれ20年程前になりますが

母の焼いた、だし巻き卵

初めて食べたうちの主人が

『絶品なんですけど・・・』と

目を輝かながら

美味しそうに食べていて

 

 

私や私の家族にとっては

年中登場する当たり前料理で

特になんだってことはない一品。

 

特に、登場回数の多い料理は

特別意識して食べた事が無いかも。

 

主人に触発されて、母のだし巻きを

改めて味わって食べてみました。

 

『あれ?本当だ、美味しい!』

 

今までちゃんと味わっていなかった

 

何十年と食べていたのに

母のつくってくれる料理を

大切にしていなかった

そんな自分にショック

・・・というか、お母さんごめんね。

 

大事な事に気づかされ

とても新鮮な気持ちで

目の前に並ぶ母のつくった料理を

もう一度、全部食べてみたり(苦笑)

 

どれも、とっても美味しい♪

 

恐るべし『当たり前』という意識

 

母がご飯を作ってくれることが

当然の事ように思ってしまい

味覚まで鈍感になっていたのかも。

 

 

こんな出来事があって

それからの里帰りは

母の料理がとっても楽しみで

 

今は、母のつくってくれる

おにぎりとお味噌汁

そしてだし巻きが最高のご馳走❤

 

 

以来、母が

だし巻きを焼いて送ってくれます。

 

私も年を重ねたという事なのか・・・

何かと、母に対して

感謝が溢れる機会が増えました。

 

感謝が増えると

関係性がさらに深くなりますね。

 

 

ペットともそうなのですが

『感謝』にすり替える事って大切。

 

ペット達にとって

飼い主さんからの感謝は

飼い主さんからの愛です。

ペット達の大好物♪

 

 

例えば、

飼い主さん達の中には

お仕事をしていて忙しいという方も

沢山いるはず。

お家を開ける事も多い・・・

 

お留守番をさせる時に

後ろ髪を引かれる・・・とか

お留守番ばかりで

我慢させたり

ストレスをためさせてる・・・とか

寂しい想いばかりさせてる・・・とか

 

 

もし、そう感じているとしたら

その想いを『感謝』に変えてしまう♪

 

 

 

私がお仕事へ出かけるときに

愛犬ネルに伝える想いがあります。

 

 

ネルが元気でいてくれるから

ママはお仕事にいけます。

お手伝いしてくれてありがとう。

ネルに感謝してるよ(で、ハグ❤)

 

 

お仕事から帰ってくると

ネルはキラッキラの笑顔で

『おかえり〜!』と熱烈なお出迎え

 

たぶん、6時間ぶりくらいなんだけど

6日ぶりに会うみたいな勢い(苦笑)

 

ママもとっても会いたかったよ~

(で、ギューッとハグ❤)

っていう感じで(笑)

このやり取りに、毎回癒されてます。

 

お利口さんに待ってくれていた事に

感謝する事も、忘れずに

喜びと共にありがとう❤も伝える

 

ネルがいてくれる事が

当たり前だと思ってしまわないように

自分への戒めも込めて

 

 

 

感謝は、感じるほどに

ハートが喜びを感じ

身体の中に心地良さを

循環させてくれますよね。

 

喜びを感じるって大切♪

 

 

飼い主さんがハッピーだと

ペット達もハッピーになる

いつでもお手伝いいたします。

 

 

 

ペットブリスのホームページへ

 

お知らせ
飼い主さんのための アニマルコミュニケーションクラス

受講生募集中です。


うちの子大好き!飼い主さん集合♪ ペットコミュニケーション体験会

アニマルハートを理解してハッピーをゲットする
 

ペットの使命や自分との関係性を知る

数秘学を使ったペットと飼い主さんのコミュニケーション

6月のワークショップスケジュール

 

アニマルコミュニケーター養成講座

6月生募集中です。

 

ペットブリスのホームページへ