VTR250 フロントフォークオイル交換 | ガレージ ペスカ

ガレージ ペスカ

ペスカトーレの バイクと趣味のブログです

バイクのメンテナンスや修理、DIYカスタム、サーキット走行等
お酒やラジコン、お気に入りの小物、工作、その他アニメ、
その他日常の事を、書いていきたいと思います。

理想は所さんの世田谷ベース!


テーマ:

PESCA-01のフロントフォークのオイル交換をしました。


2年半ほど前にOHをした時から、フォークオイルは換えてませんでした。


走行距離は、1万5千キロくらい行くのかな~


ぶっちゃけ、今でもフォークの動きに違和感は無いのですが、


そろそろ変えた方が良いかな~と思い交換です。








各部のネジを緩めてからジャッキアップします。


つきだしを、調整している場合は、忘れないように計っておきましょう。






キャリパー、タイヤ、フェンダー、フォークの順番で、外します。









赤かったオイルが、黒ずんでますね~

やっぱり交換時期だったかな。










いれるオイルは、YAMAHAのG10とG15を、純正粘度と同じになるようにブレンドして使います。

VTR250場合は、G10を630cc、G15を270ccでフレンドすると、純正オイルの粘度になります。

使用量は、460cc×2 なので、1L作ると少し余る感じです。

何故、この割合になるかと言うと、


G10の量を、X
G15の量を、y とし、

X+y=1000cc


X(G10の動粘度)+y(G15の動粘度)=1000cc(純正の動粘度)

の連立方程式を解くわけです。

中学生で習ってから、初めて役にたった、連立方程式 (T-T)




ビーカーに、規定量移して、混ぜ混ぜ






油面を調整しながら、入れます。





マニュアルの油面は、105mm

前回のセッティングの時、油面を少し上げたつもりだったのですが、

古いを、オイル抜く前に、計った油面も105mmでした。




減ってしまったのだろうか?




後から調整する時、オイルを抜くより足す方が、比較的楽なので、



105mmに調整しておきます。


そして、組み付けて完成です。



走行した感じ、交換前と比べて、


手前から減衰が効くけど、動きとしては奥まで入っていく、


奥で徐々に踏ん張る、感じがします。




ペスカトーレさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス