意識教育を子育てに取り入れてほしい | 魂の翻訳家田口 顧客、社員のココロを掴む秘伝講座 

魂の翻訳家田口 顧客、社員のココロを掴む秘伝講座 

パーソナルリズム田口恵麻のブログ、
社長、社員、家族、恋愛、子育てココロ魅学塾
心の悩み・カウンセリング、パーソナルセラピスト、自己啓発、自分磨き、夢が叶う、開運、奇跡、幸運、パワースポット、スピリチュアルカウンセリング、


テーマ:
魂の翻訳家、田口恵麻<エマ>です。

こんなときだからこそ、
ココロの絆ということを
大切にする意識教育を子育てに
取り入れて欲しいのです。
知識教育を見直してほしいと私は思います。

人には4つの成体が人あるという学説を
取り入れた子育て法ですが
簡単にいえばこの世に眼に見えるのは
「物質体」しか見えませんが

心の眼<魂>を働かせれば
「生命体」も「感情体」も「自我」も見える
そういったココロの眼を育てる
ことができる法則や方法を
子育てココロ魅学塾で教えています。



$魂の翻訳家 田口恵麻のオフィシャルブログ
子育てココロ魅学塾は
ルドルフ・シュタイナー学説を取り入れています。
その法則とは
21歳までを[アストラル体]の完成とし
それ以降に
[自我]が独立発達することを意識した教育法です。

少し難しい表現ですよね。
簡単にお伝えしますと
感覚機能が最も発達する年齢は7歳までで
肉体の成長を育て
14歳は快不快の情動と肉体が結び付いた働きが著しい。
21歳ごろにはじめて、
考えて伝える自己表現する
「私という自我」が意識するという
学説です。

お父さん、お母さんの
決めつけ教育をいつまで続けますか?
お子さんが自ら未来を切り開き
個性を尊重した教育、
意識教育法を学びませんか?
あなたはバランスの良い叱り方をしていますか?
下記のようことが一つでもある人は
子育てココロ魅学塾絵お体験して下さいね。

①まずは確認と傾聴<子どもの言い分を聞く>
②子どもの話を聞かずに、頭ごなしに叱っていませんか?
③子どもと同じ目線で<同線を同じにして話す>
④子供の人格を尊重し訳をきちんと説明していますか?
⑤世間体の叱り方をしていませんか?
 親の思いを伝えていますか?
⑥時間がたってから
「あの時は~~」という叱り方をしていませんか?
⑦叱った後のフォローをしていますか?
⑧改善されていた時にほめていますか?


この法則や方法を学ぶと
お子さんの個性を伸ばすことができます。
お子さんが自分で自分の生活について、
考えることができるようになります。
自分はどうしてそのような行動をするのか。
したいのか。という動機や意味を考える
ことを伸ばすことができます。

お父さん、お母さんの決めつけ教育を
いつまで続けますか?
お子さんが自ら未来を切り開き
個性を尊重した教育
意識教育法を学びませんか?

詳しい詳細などは気軽にご連絡ください。
お問い合わせに料金がかかることはありません。

○料金  ¥52,500  <6回>
○電話、スカイプでもおこなっています実践が2回含みます。
○ブログ記事下のお申込みフォームからお問い合わせください。


$魂の翻訳家 田口恵麻のオフィシャルブログ