ケラマブルーを堪能する@ケラマボート | オキナワンペロリコラム

オキナワンペロリコラム

沖縄グルメや日常のこぼれ話、海の日記など発信中!!!

間取り梅雨が続いている今日の沖縄本島は明け方まで激しい雷雨雷

日中は一時横殴りの雨が降ったもののおおむね曇天の1日でした。

晴天を期待していらしたものの戻り梅雨の犠牲者となってしまったのは

愛知からお越しのSさん&M恵さんご夫妻。今日は大遠征の予定でした

が波が高いため残念ながら大遠征は中止となってしまいました。

でも無事ボートはケラマ方面へ出航♪喜んだのも束の間、高い波と

強いうねりに翻弄されながらの航行に「ケラマに行ける幸せドキドキ」を感じつつ

ケラマブルーを楽しんできましたよ。

 

澄んだ目で見ればきっと青空と青い海が見えてくるはず(笑)

今日は1日こーんな感じ…。

 

1本目はのんびり砂地ポイントで肩慣らし。ウミウシのタマゴはらせん状に

産み付けられてますが、よく見るとらせん型のタマゴではなく、小さな小さな

タマゴを粘液?で包んでらせん状に産み付けているのが分かりますね。

 

ガーデン広場の脇の岩にはシモフリタナバタウオの幼魚が隠れてました。

シモフリタナバタウオは危険を感じると敵に向けて尾鰭を広げ、

背びれの後方の斑紋を目に見立てて脅かしますが…。

まだ若い個体だからか警戒心が元々薄いのか、鰭を全部閉じて

ました💦なんか、ぽくないなぁと思うのはワタシだけ?

 

ハダカハオコゼは正面顔で。ブサカワでしょ?(笑)

 

2本目はサンゴの美しいポイントへ。

Sさんが出待ちをしているのは…

 

トウアカの次に個体数の少ないセジロクマノミ

背中に通った白いラインが目印ですが、こう撮ると魚っぽくて

あんまり可愛くないな(魚なんですけどね^^;)

 

怒ってるわけじゃありませんよ、決して!

小さな小さなナデシコカクレエビにお掃除されてむしろ気持ちイイ顔。

 

こちらのヒトヅラハリセンボンも怒ってるわけではありません!

ホンソメワケベラにお掃除されて同じく気持ちイイ表情。

こう見ると魚もなかなか表情豊かなことが分かりますね。

 

ラストもサンゴに癒されてきましたよ。

Sさんが熱心に撮影しているのは…

 

リーフエッジで乱舞するキホシスズメダイの群れ

花というか雪というか…本当に綺麗な光景ですキラキラ

 

こちらも綺麗なツートンカラーのフタイロカエルウオ

カエルウオは穴から顔を覗かせている姿が可愛いですが、

この子に限っては全体像の方がビビットで可愛いラブラブ

 

遠目からでも目を引く鮮やかな色彩の生物は、

プセウドケロス・フェルギネウスなんてギリシャ神話にでてきそうな

名前のヒラムシ。

 

イソバナに仲良く暮らしているのはイソバナガニ夫妻

 

そして癒し生物の代名詞!ミナミハコフグの幼魚

久し振りに見た撮影しやすく尚且つ可愛いサイズ。

ずーっと撮影していたい!!!

 

ラストはTHEケラマの癒しの光景で締めくくり。

はぁー、ほんと癒される♪

 

今回のお土産は個性的な?パッケージのお菓子たち。

中味が分からなくてもパケ買いしてしまいそう♪

いつもワタシのガソリン(甘味)をありがとうございます♪

 

明日は宜野湾ダイビングの予定でしたが予定を変更し

今シーズン初の万座行ってきま~す。