素人を騙す・・・ | 美容皮膚科医の日常

美容皮膚科医の日常

一美容皮膚科医の想い


テーマ:

斜に構えた見方かもしれませんが、世の中は、素人(専門外の人)を騙すことにより、回っているようなところがあります。

 

誰も皆、自身の専門以外のことに関しては、いわゆる情報弱者です。

 

本物の詐欺は別の話になりますが、日常的に利用しているお店での買い物でも情報弱者を餌食にするような光景はよく見受けられます。

 

専門知識に乏しい商品を購入するときに、商売っ気過剰の店員にあたれば、自分にとって本当に必要な商品あるいは最も適切・リーズナブルな商品ではなく、単純に店の利益率が最大化する商品を徹底して推してくるでしょう。

 

保険のようにシステムが複雑なものも、言いなりになってしまう場合が多いですね。たとえば、生命保険で常套的に使用されるロジックは、統計学的におかしいですし、そもそも、保険のプロ達自身は、あんな保険には・・・略

 

不動産もそう。多くの投資案件もそう。ほとんどの業種が程度の差はあれ、こういった側面があります。

 

もはや、どれがベストかではなく、どれが一番被害が少なくて済むか、で選択するしかないような気すらしてきます。

 

このような所業を、あまりに露骨に行っている業者は、当然ながら長期的には淘汰されていく結果となりますが、その場凌ぎ、短期決戦で詐取してくる連中も多くいますので、本当に悩ましいことです。

 

美容医療は、あくまで医療ですので、間違っても、こんなことはあってはならないと思います。

 

少なくとも、私は診療にあたり、ネガティブ情報を出しすぎるくらい出して、その上でご判断していただくようにお話ししています。聞きようによっては、治療などやらない方がいいと言っているように感じられるかもしれません。しかし、私の中では、このようなバランスでお話しした方が、双方にとって最も望ましい、という感覚なのです。セールストークに慣れていて、お客さん気分の方は、大層びっくりされるようですが、私としては、最大限良心的にお話ししているつもりですので、疑問点などございましたら、遠慮なくお尋ねになってください。

 

 

 

本田淳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ