投資詐欺・マルチ・・・ | 美容皮膚科医の日常

美容皮膚科医の日常

一美容皮膚科医の想い


テーマ:

最近も大捕物がありましたが、この種の犯罪は絶えることがないですね。

 

特にご高齢の方を狙うという、なんとも卑劣な所業です。

たまに、油断しすぎだとか、欲深いからだなどと、被害者サイドを責める頭のおかしい人がいますが、騙す方が悪いに決まっています。

 

海外の不動産案件、SNS関連案件、インターネット内の新システムを騙る案件、暗号(仮想)通貨絡み・・・

 

そもそも、第三者がもってきた「儲け話」は、例外なく詐欺です。

 

「他の人に本当に儲かる話を紹介すること」は、構造的にありえないのです。

簡単に言うと、紹介することにより、手数料、コンサル料を得るよりも、自分一人で行う方が、労力が少なく、利益も最大化できるからです。派手な広報活動をして、多くの人間を引き込むという行為そのものが、すなわち・・・あとは言うまでもありませんね。

 

また、その辺の心理を見越して「自分一人がお金持ちになっても面白くない」「自分の成功を皆さんにも追体験してほしい」「お金持ちの仲間を増やし、成長できるコミュニティを作りたい」などと恥ずかしげもなく言う輩もいますが、すべてでまかせです。

 

百歩譲って、心の底から、そのような志向性を持つ人がいたとしても、マーケティングの技術を使って人を集めて、効果的な「舞台装置」を作ってクロージングする・・・などという方法をとるわけがないのです。

 

楽をして資産を築く方法はあるのかもしれませんが、その方法は自分自身が見出すものであって、他人が自分に持ってきてくれることは100%ありません。

 

私の知り合いには、一代で、投資により非常識なほどの資産を築いた人が何人かいますが、身も心も削って、血のにじむような試行錯誤をして、自分独自の手法を見出した人ばかりです。

 

ある種の投資は完全なゼロサムの世界なので、自身が創出した手法を他者に伝えることはありえません。たとえ伝えたとしても、他者には同じクオリティで、実行できるわけはなく、むしろ悪い結果をもたらすことがあるので、やはり教えることはできないのです。

 

ですから、こと資産形成に関して他者から積極的に提供されるノウハウは、賞味期限切れで効力のないもの、あるいは提供側が一方的に利益を得るものであると断言してもさしつかえないかと思います。

 

上記のようなことは、実は誰でも理性ではわかっていることだと思いますが、人間の弱い部分を詐欺師たちは巧妙に攻めてくるわけです。

 

防御策としては、自分の心を常に平穏に保ち、人生を真摯に捉えて軸をぶらさないという「基本」を全うするしかないのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

本田淳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ