ミラドライ施術後レポート181 | 美容皮膚科医の日常

美容皮膚科医の日常

一美容皮膚科医の想い


テーマ:

今回は、ミラドライ施術後レポート151 (1か月後)、ミラドライ施術後レポート167 (3か月後)の方からいただいた、

治療半年後のメールをご紹介します。

 

掲載にあたり、ご本人の承諾を得ています。

 

以下、原文のまま。

 

ご連絡頂きありがとうございます。

経過ですが、4~5か月程まで二の腕辺りに

少し引きつるような感覚が残っていたものの

現在は全く問題ない状態です。

 

汗をかくことの少ない時期ではありますが、

スポーツをした時にも非常に快適に過ごせており

治療を受けて良かったと感じております。

 

何かあった際にはご連絡させて頂きます。

 

以上となります。

 

ご協力いただき、ありがとうございました。

 

治療効果にご満足していただいているようで、私も大変嬉しく思っています。

 

治療後、比較的長く残る症状として、ワキの皮膚のつっぱった感じ(筋が浮いて見えることもあります)、上腕(二の腕)の皮膚の感覚の鈍麻もしくは違和感があります。

 

いずれも、日常生活に支障が出るというレベルではなく軽度の症状ですが、元の状態に復するのに、3~6か月ほどかかります。

この状態が気になって仕事ができない、などという方は今までいらっしゃいませんので、その点はご安心頂いてもよろしいかと思います。

 

1回の治療で半永久的に効果を出すために、このような「代償」は生じますが、効果とダウンタイムのバランスが非常に優れた治療であることは言を俟ちません。

本田淳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス