ミラドライ施術後レポート162 | 美容皮膚科医の日常

美容皮膚科医の日常

一美容皮膚科医の想い


テーマ:

今回は、30代女性 治療1か月後のレポートとなります。

 

掲載にあたり、ご本人の承諾は得ています。

 

1. ミラドライを受けようとお考えになった動機をご教示ください。

  思春期から多汗・腋臭に悩んでおり、他院でボトックスを2、3回受け、一時凌ぎはしていたものの、半年でまた元通りになってしまう状態にうんざりしていました。

ミラドライについては2年程前から知ってはいましたが、色んな方の体験談を読んで安全性に信頼が置けそうだな、と感じたこのタイミングで思い切って受けようと決意しました。

 

2. 当院をお選びいただいた理由をご教示ください。

・たくさんのクリニックの体験談を読んだ中でも、口コミの満足度も高く、先生の知識が豊富そうであることが魅力ポイントでした。(他院で、先生の知識がとても豊富そうなところもありましたが、口コミサイト、Twitter、インスタグラムとどんなに探しても1件も口コミが出てこないところは逆に怖くなり検討をやめました。。)

自分としてはカウンセリングを申しこんだ時点ですでにこのクリニックにお願いすることは8割程度意思決定しており、「(よっぽどのことがなければ、)このクリニックでその日中に施術を受けて帰ろう」と思って伺った日も、施術方法やリスクなどを30分程度じっくりお話してくだった上で、「家に帰ってしっかり考えてください」と帰されたのは、ちょっと拍子抜けするほどでした(笑)。ただ、逆にその姿勢にさらに信頼感が増し、こちらにお願いするに至った最後のひと押しになりました。

 

・クリニックの雰囲気は、よくある大手どころの真っ白で明るい雰囲気というよりかはアットホームなこぢんまりとした印象です。院内は清潔で、掃除が行き届いているのがよくわかりました。

 

3. 施術前の私の説明は十分でしたか?わかりにくいところはありませんでしたか?

写真を見せながら、時系列で施術後の経過状態を説明して下さり、それなりに覚悟感ももてましたし、不安も解消できました。

 

4. 施術中の痛みや気になることはございませんでしたか?

麻酔を打つ時だけチクチクとしましたが、先生が都度声を掛けて下さり、不安はありませんでした。世間話などもしながらであっという間でした。

 

5. 他に、来院から施術後まで、何か気になることはございませんでしたか?

特にありません。

 

6. 施術後どのような経過をたどりましたか?

施術直後は歯医者で麻酔を打たれた時に似たような、ボーンとした感覚でしたが、数時間後くらいから徐々に痛み出したため、処方された痛み止めを飲み、アイスノンで常時冷却しました。夜、痛みで起きたという方の体験談も目にしていたため、ビクビクしていましたが、私の場合は、途中で起きることなくしっかり眠れました。

施術3日間くらいが浮腫みや引き攣れのピークで、脇が三段腹のように!ただ、それ以降は徐々にむくみも取れ、腕の痺れも引きました。4日目くらいからは、腕を揉んだり、肩を回したりし、10日目くらいからはジムでトレーニングも開始できるようになりました。

施術から1カ月が経過した今は、脇に若干の引き攣れが残っていて、押したり伸ばしたりすると痛い程度です。汗や臭いは全く感じません。

 

7. アフタケアに関して、何か困ったことはございませんでしたか?

黒ずみが残ると嫌だなと思い、保湿をするためにクリームを塗りたかったのですが、

どれくらいのタイミングから塗っても良いものなのか、若干迷いました。

 

8. 施術結果については、どのようにお感じですか?

現時点ではたいへん満足しています。特に今年の夏は酷暑なため、タイミングよく受けて本当に良かったです!

先生からは1カ月程度は無汗の状態が続くが、最終的には70〜80%程度減、と説明を受けているため、これからどうなるかかな、というところです。

 

 

9. 私やスタッフに何かコメントがございましたら、お書きください。

施術前のカウンセリングではメリットだけではなく、リスクの部分もしっかりご説明下さり、ありがとうございました。多汗・脇臭という非常にセンシティブなものだからこそ、誠実で信頼の置ける先生に診てもらえて良かったです。また、施術直後、2週間後と、状況確認のご連絡もくださり、さすがだな〜と感じました。

スタッフの女性の方も付かず離れずの対応が心地よかったです。

 

10.他の方にミラドライを薦めたいと思いますか?

  今まさに悩んでいる方は、ぜひオススメします。

  悩んでいた数年間、本当に勿体無かったな・・・と思っています。

 

 

 

以上となります。

ご協力いただき、ありがとうございました。

 

非常に良好な経過のようで安心いたしました。

 

当院のように、初診時に治療を行わない施設は珍しいかもしれませんね。

 

これは厚労省の通達を守っているからなのですが、現実にはほとんど・・・

 

最近は、美容クリニックのウェブサイトの規制が様々あり(軸が定まらないというか、曖昧模糊とした部分がありますが)、患者さんを守ることを主眼とした方策がなされています。

 

要は、治療限界やリスク・デメリットの認知を患者さんに十分図らずに治療が施行されてしまい、「思っていたのと違う」、「こんなことになるとは思わなかった」という患者さん側のリスクを回避するための処置です。

 

私個人は、それだけでは、上記のようなトラブルは避けられないと思っていて、より効果的な手段は「医療サイドが初診時に治療は行わない」ということだと思ってます(一部の患者さんには不評ですが)。


ミラドライとはあまり関係ないお話しになってしまいましたが、このようなスタンスで普段から診療を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

本田淳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス