【ピアノ指導者】発表会後に気をつけておくこと | 絶対音感子育てで社会貢献する絶対音感コーチ学会®

絶対音感子育てで社会貢献する絶対音感コーチ学会®

広告費ゼロ!経営知識ゼロ!指導歴ゼロ!で始めたピアノ教室。
半年1名の生徒から、40名10年満席教室運営に!


テーマ:
子どもがどんどん賢くなる「絶対音感」の育て方 子どもがどんどん賢くなる「絶対音感」の育て方

1,404円

Amazon

 

2019年1月スタート流れ星

ずっと満席ピアノ思考塾キラキラ

・ピアノ教室を始めたい方!

・ピアノ教室の生徒募集にお悩みの方!

・ワンランク上のピアノ教室運営を

 ご希望の方!

メルマガ登録はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。

絶対音感コーチ鬼頭です。

 

今週から発表会後の通常レッスンが

始まりました。

 

指導者として発表会後のレッスンで

気をつけることがたくさんありますが

ご存知でしょうか?

 

発表会は親御さんやお子さんにとっても

大きなイベントごと。

 

発表会まで頑張る生徒さんを

サポートしてくださいますよね。

 

なので指導者側は

案外レッスンはラクです。

 

 

問題は発表会後です。

 

 

「発表会、頑張ったね!

 上手だったよ!」

 

と周りの方から

褒められた子どもたち。

 

親御さんもホッとしています。

 

 

発表会後はレベルも上がっているので

「課題曲が簡単だったー」

と沢山レッスンしてきます。

 

ところが1ヶ月も経つと

すっかり現実に戻ってきます。

 

 

発表会だけでなく

毎日レッスンすることが

習慣になっていないと

戻ってくる山は大きいんですよね。

 

 

これはいつも思うのですが

生徒さんがやめない教室運営をすることと

生徒さんへの指導は同じなんです。

 

 

教室運営ばかり見ていても

うまくはいきません。

 

生徒のことばかりを見ていても

うまくはいきません。

 

 

生徒のモチベーションが下がった

発表会後に先生方はどうしますか?

 

次のイベントを考えて

またモチベーションを上げよう!

 

と考えていませんか?

 

 

それも楽しいですが

「楽しい=ピアノ」 に繋がるかというと

そうではないようです。

 

 

うちの生徒さんたちは

譜読みがスラスラできます。

 

だから、ピアノが楽しくなるんです。

 

 

教室では何もしないのですが

小さいなお子さんもパッと読めます。

 

子どもたちにわかる指導を

しているからです。

 

楽譜が読めないのに

ピアノは楽しくなりません。

 

 

ピアノを習いに来ているのですから

ピアノを上達させてあげたいですね。

 

2019年からそんな指導法も学べる

「幼児指導法X心理学X人気教室」(仮)

ピアノ指導者のための塾を始めます。

 

きっと先生方がご存知ないことが

沢山あると思いますよ。

 

私はこれらを使って

体験レッスンから100%入会に

したのですから。

 

まずは

メルマガ登録はこちらから

 

 

 

昨日のレッスンの付き添いの方です。

寒かったので、上着を

羽織っていらっしゃいましたハート

 

 

風邪が流行っていますので

ご自愛ください。

 

 

 

子育ての

そんなことをお伝えしながら

絶対音感レッスンで

親子が分かりあい、認め合う関係を

育みたいと思っています。

 

 

社会を担う子どもたちのために。

 

音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜

 

kitty認定校BASICコーチ養成講座mymelody

「絶対音感コーチ学会®」

書籍の鬼頭式絶対音感メソッドは

絶対音感コーチ学会®に所属する

養成講座を受講され

認定されたコーチのみが指導できます。

 

申し込み締め切り日:本日まで!

東京 

11月18日(日)10:00-15:00

(昼食休憩1時間含む)場所:東銀座駅近く

 

詳細&お申し込みはこちら

入会100%10年満席教室!絶対音感コーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス