太陽は5月21日に牡牛座から双子座に移行しました。

  

  

★ 地のサイン・牡牛座から 風のサイン・双子座へ。

  

地のエレメントは物事をおさまるべき器の中に落ちつかせ、その中で安全に生かそうとする力です。

牡牛座は自らの身体がその器であり、快美を覚える対象を繰り返し繰り返しそこに馴染ませようとします。

  

身体の内奥とのより深い共鳴音を探して絵具を重ね塗りする画家のアトリエ。

 

または調味料や具材を加えながら煮込む鍋のある厨房。

  

これまでの1か月間、熱源たる太陽が運行していたのはそういった牡牛座的な磁場でした。

 

もちろんそこに不都合を感じる人もいます。

反感や抵抗感を示しながらということもあります。

  

でもとにかく、この熱が求心力となり、人々を様々な形でこの牡牛座的なテーマに向きあわせ

てきました。

  

  

★ しかしこの太陽双子座にうつると、

 

アトリエや厨房の窓は開き、そこから風が入ってきます。

それは他人の作ったうまそうなものの匂いを運んできます。

  

また自分のものも他人のアンテナに触れさせます。

  

外への興味が刺激され、もっといろいろよく見せてよ、と、人々を一斉に開けた路地に出てこ

させます。

  

そこには「自分の」だけではなく、「いろいろなもの」が行き交っています。

  

タイ料理屋の隣にイタリア料理屋があります。漫才やってるそばで痴話喧嘩です。

  

ネットだってバーチャルな路地です。youtubeには政治討論番組とグラビア動画とヒット曲の

PVが並列しています、ツイッターのタイムラインにはニート、数学者、ストリッパー、登山愛好家・・・

  

これから彼らとにぎやかで多彩な通商がはじまってゆくのです。

  

いろいろな異なる相手と話をつけなければなりません。

 

そのためにそれぞれの言葉を学ばなければなりません。

 

学んでみる、聴いてみる、話してみる。

 

いろいろな世界と渡り合うためのいろいろなサバイバル術が身に付いてゆきます。

 

それは自分の身体や自分の部屋という狭い枠(牡牛座)から抜け出し、自由に拡張されてゆきます。

 

異なる価値と渡りあう度に、細胞分裂のように言葉が増えていきます。

  

意識 がどんどんマルチチャンネル化してゆきます。

多次元リンクしてゆきます。言い換えられるたびに世界は新鮮に甦ります。

知識や能力の拡張が自分の住む世界を広げてゆきます。

  

こういった双子座感覚が中心となる日々がしばらく続きます。

  

 

 

 

 

 

★ 26日は新月です。

  

新月は意志(太陽)がその乗り物()を見つけるときだと言えます。

  

テーマ(太陽)を地におろすために適した乗り物()が見つかることになります。

  

多様な言葉たちとの通商、意識の多元拡張という双子座テーマを実際に生かしていくための、何らかの具体的な一歩が踏み出されるときです。

  

 

 

 

後編につづく

 

 

※絵はフンデルトヴァッサーの
 

 

 

 

 

名著Astrology&Sexの翻訳と、わたしの占星術エッセイを載せている有料メルマガは↓

 

 

 

Astrology & Sexメルマガ

 

 

 

 

 

また、以下も主宰をつとめる勉強会です。

よかったら新規ご参加ご登録よろしくおねがいします。

 

 


 占星術洋書読み会

 


スカイプ英語塾

 

 

 

個人鑑定も承ります。お気軽にお問い合わせください

 

 

AD