ペルバッコ気まぐれブログ

ペルバッコ気まぐれブログ

個人、法人問わずイタリアを目指す方のためのコーディネイト会社&旅行会社(株)バッキーノのスタッフが、魅力あるイタリアの日常を気ままに綴ります。

【成田空港→チューリッヒ1泊→フィレンツェ空港/ その1】の続き、ホテル内ついて。

ホテルに入るとフロントらしきものはなく、カフェスペースにスタッフが1名いるのみ。
その周りに広がるエリアは、PCを開いてもよし、ゆっくりと寛いでもよし、自由に食事をしてもよしの共有スペースとなっていました。

 


このホテルのグッズ販売コーナーもありましたがお値段は高め、はいここはスイスです!


チェックインはこのフロアに数台ある機械に予約時に届いた予約番号と名前を入力すると、予約の際に入力したメールアドレスに4桁のPINコードと部屋番号が送信されます。

ホテル内でWI-FIを繋げるには、チューリッヒ空港のWI-FI接続画面へいき、「buy more Wi-Fi time」をクリックしホテル名を選び、パスワードに予約番号を入れればOKです。
(接続の仕方は2022年4月中旬現在のものなので、最新情報はホテルにて再度ご確認ください。)


PINコードはそのままカプセルがある部屋及び自分が寝るカプセルに入る時の暗証番号となります。
フロントなし=無人サービスに慣れていない私はやり方が分からなかったので、スタッフの方に聞きました。
分からなければ聞く、それが一番です。

私が予約した部屋は女性専用で、その部屋の中に20くらいのカプセルがありました。
カプセルホテルというと中央の通路の両脇にカプセルが2段で並んでいるイメージですが、ここはゆったりとしたスペース内にカプセルが配置されておりとても快適でした。


通路を挟んで両側2段タイプの一般的な部屋もあったので、それは女性専用ではないのかもしれません。

各カプセルの下にスーツケースを置けるスペースがあり、ここに入らない場合にはスタッフに言えば荷物を預かってくれるので安心です。


カプセルに入ると壁の片面が鏡になっているので圧迫感がなく、フカフカな布団・バスタオルとスポーツタオルくらいの大きさのタオルもありました。
スリッパも含めその他のアメニティはありませんが、シャワールームには備え付けのボディーソープとシャンプーがあります。

リンスはありません。


シャワーとトイレは充分な数がありとても清潔で、各シャワールームの前には脱衣所もあり鍵もついているので安心して使用出来たのが嬉しかったです。
シャワーとトイレがあるスペースの奥には樽にぬるま湯がはってあるSPAがありましたが、さてこれは裸で入っていいのかどうか分からず、また衛生上のことも考えて入るのはやめておきました。

 


パワーあるドライヤーが3つあるので、ロングヘアーの方もすぐに髪の毛を乾かすことが出来ます。
長い飛行時間の後、シャワーを浴びてさっぱりしてから寝られるのがいいですね。

このホテルにはカフェのみでレストランはありませんので、食事をしたい方は空港内のレストランに行くかスーパーで購入して共有スペースで食べるか。
朝食は予約の際に12.50CHFで追加してもいいですし、当日の朝、食べたい物・飲みたい物だけを頼んでその分だけ支払うことも可能です。
12.50CHFに含まれているのは、パン、シリアル、ヨーグルト、果物、飲み物(確か2杯まで)。

翌朝のチェックアウトも機械で行います。

既に成田空港でのチェックインの際にチューリッヒ→フィレンツェまでの搭乗券も出ていたので、チューリッヒではチェックインをする必要はありませんでした。
ホテルの目の前にあるCheck-in 1の建物に入り、そこからDeparture all Gatesの看板に従って進み、荷物検査を通りフィレンツェ行きのゲートへA/Bへ。
荷物検査に結構時間がかかるので、早め早めの行動をお勧めいたします。


生まれて初めて泊まったカプセルホテル。


「身分証明書の提出なし」「鍵はPINコードというシンプルさ」「旅行の必須アイテムがスマフォ」という時代の流れを感じつつ、快適でしかも途中で1泊出来るので気分転換にもなり、想像以上に楽しい時間を過ごす事が出来ました。
そうそう、このホテル内の香りが良く、そういった意味でもリラックス出来る空間でした!

航空運賃が安くて所要時間が短い方がいいですが、今後航空運賃が高くなるようであれば、宿泊代を払っても安ければこの1泊ルートもいいなと思った2022年4月日本→イタリアへの移動でした。

何か今後の参考になれば嬉しいです。

コロナ、ウクライナ情勢等で、減便、スケジュール変更が多かったこの春。


石油の値段高騰からのサーチャージ高騰、まだ続くであろうコロナ、そして1日も早く平和な日々が戻ってきて欲しいウクライナ情勢など、いろいろな影響を受ける運行スケジュールと航空料金も気になるところです。
安い料金を狙うと2回乗り継ぎや途中で1泊なんてこともありますが、今後はそれも覚悟での移動が必要になるのかもしれないなと思う今日この頃です。

私事ですが、4月上旬に羽田→ミュンヘン→フィレンツェのルートでイタリアへ移動する予定が、最終的には4月中旬に成田→チューリッヒ1泊→フィレンツェとなり、全く予定していなかったチューリッヒで時間を過ごす、まさに途中で1泊になりました。


今後の参考までにチューリッヒ1泊の際の事をここに備忘録として2回に分けて記載いたします。

***************
「スイスは物価が高い」とはよく聞く話ですが、今回1泊することになった際にいろいろと調べたみたところ、空港近くにいくつかあるホテルの料金が乗り換えだけに使用する金額としては高くてビックリしました。

参考までに、チューリッヒ空港内のGateDにはトランジットホテルもあり、数時間の休憩やシャワーだけの使用であればいいのですがシングル1泊となるなかなかのお値段でした。
料金は、チェックイン・アウト時間によります。
1泊シングル 110~150CHF/スイスフラン
※2022年5月16日現在 1CHF=128~129円

Transit Hotelここをクリック
料金表ここをクリック

希望は、安くて、清潔で、安心して泊まれる所。
それを満たしてくれたのがチューリッヒ空港に隣接しているカプセルホテル、「スイスカプセル アルパイン・ガーデン」でした。
ここをクリック



 

10%割引プランがあったのでそれを利用し、女性専用エリア、下の段で1泊60.30CHFでした。

***************
さて、当日は成田空港でのチェックインの際に大きな荷物はフィレンツェまでのスルーにし、機内持ち込み荷物だけでホテルへと向かいました。


ホテルの場所は頼りになるグーグルマップを見ながら進みましたが、一旦空港建物から出て外を歩き始めてしまったため迷ってしまい、到着までに時間がかかってしまいました。

一番分かりやすい行き方は、
日本からの便が到着するArrival2の建物から出て、目の前にある建物「Airport Shopping」に入ります。


入って右側はMIGROSという大きなスーパーがありますが、そちらではなく左に進みます。
「P1」「Prime Center1」「Check In 1」「Arrival 1」の看板に従ってひたすら進み、隣りの建物に続く通路を通ると、「capsule hotel/ Prime Center 1 Sud」の看板があります。
その看板に従いエレベーター1を押すとカプセルホテル内に到着です。


 

ちなみにこのスーパーMIGROS、大きくていろいろあって楽しかったです。
スイスだけあって、チョコレート売り場の面積と置いてある商品数の多さには圧倒されました。

(画像はほんの一部です。)

 

スイスの国旗をあしらったショッピングバック、可愛かったです。



ホテル内の様子はまた次回。

ピクニックが楽しい季節になりました。

毎週火曜日にマーケットが開かれるParco delle Cascine(カシーネ公園)やミケランジェロ広場の下に位置するGiardino delle Rose(ローズガーデン)、ピッティ宮殿の後方に広がるGiardino di Boboli(ボーボリ庭園)、市内から少し離れたParco Mediceo di Pratolino(プラトリーノ公園)など、フィレンツェ市内・近郊にはピクニックが出来る公園や庭園がいくつもあります。

ピクニックといえば、お楽しみは外で食べるお昼ごはん。
日本人的には「お弁当」ですね。

今年の4月、フィレンツェ在住の日本人女性2人がお弁当屋さんを始めました!
お店の名前は、日本人ママのキッチン『OKO BENTO』

Instagramここをクリック

 

Facebookここをクリック

肉、魚、野菜の3バージョンがあり、各メニューは週ごとに替わります。
家庭料理満載の内容で、見た目が綺麗で味もよく、ラブラブマンマの愛情ラブラブもたっぷりと入っています。

先日、友人と共に頼んだのがこちらの2品。


肉バージョン


魚バージョン


 

キリッと冷えた白ワインを持参して、太陽の光りを浴びながら美味しく頂きました。音譜

お弁当の他に、日によっては太巻きやどら焼き、抹茶クッキー、あんぱんなどもあるようですので、「今日は他に何があるかな?」と思うのも楽しいですね。

以前のように気軽に旅行が出来るようになったら、フィレンツェでのピクニックに、又は連日のイタリア料理で疲れてしまった際のお食事に活躍しそうです。

日本人女性の活躍は沢山のパワーを貰え、体も気持ちも更に元気になりました。アップ

また天気のいい日を狙ってピクニックを計画し、お弁当を買いに伺います。

『Giappo Mama’s Kitchen/ OKO BENTO』
営業日:火曜日~金曜日
営業時間:12:30~19:30
オーダー&問合せ先:+39-055-19988809

★2022年5月上旬の情報です。
★場所によってはデリバリーも可能です。
 直接お店にお問い合わせください。