スカイ島に到着

エジンバラ近いリンリスゴー宮殿(悲劇の女王メアリー・スチュアート生誕の廃墟)に寄ってから、いくつかの湖を抜け、スカイ島のポートリーの街に到着。
{9BC06D57-2134-4E55-97BA-9C33A7BC3FB1}

{8DF2A6CB-6289-4040-8560-D6346B1D715F}

{ED388D89-458F-48FB-8DE9-03677DB7D44E}



AD

エジンバラ初日

詳しくはロンドンに戻ってからアップしますが、

一日中車の中で座ってただけの昨日とは対照的に、今日は超アクティブに過ごし、強風の中、岩の丘に登り、美術館で絵画鑑賞した後、夜はオペラ。

{5EB9393E-374F-4473-ABAE-9F258A682DA4}

{C022AABF-A58A-4879-82CE-85E4B577BDD6}

{3B604824-4C45-480C-8838-724005939AEE}

{D3EFF25C-2418-40E0-B13A-6D8BB68CB24A}

AD

<18th Aug Fri>

今からスコットランドに8泊9日で行ってきます。

スコットランドは4年振り。先回は初心者向けコースでしたが(→こちら)、今回はもう少し遠出して、スカイ島Isle of Skyeに挑戦。 整備されてないのにBBCのスコットランド周遊番組を観て観光客がどっと押し寄せて(私もそのクチですが)、すごく混んでるらしいので不安ですが。

 

その前にエジンバラ・フェスティバルでヴェルディの「マクベス」とコンサート形式のベルリオーズ「ファウストの劫罰」を観ます。どちらもまあまあの顔ぶれなので楽しみ。

 

119th August (Sat) Festival Hall  

Macbeth →こちら

Macbeth  Gabriele Viviani
Lady Macbeth  Oksana Dyka
Banco Marko Mimica
Macduff Piero Pretti
La dama di Lady Macbeth Alexandra Zabala

 

Gianandrea Noseda Conductor
Claudio Fenoglio Chorus master
Emma Dante Director
Carmine Maringola Set designer
Vanessa Sannino Costume designer
Cristian Zucaro Lighting designer

New staging Teatro Regio Torino in co-production with Teatro Massimo di Palermo, Associazione Arena Sferisterio / Macerata Opera Festival

Orchestra and Chorus Teatro Regio Torino

 

 

220th August (Sun) Usher Hall

La damnation de Faust → こちら

Hallé
Sir Mark Elder Conductor

Edinburgh Festival Chorus
Christopher Bell Chorus Master

Gentlemen of the Hallé Choir
Matthew Hamilton Choir Master

NYCoS National Girls Choir
Christopher Bell Choir Master

Michèle Losier Marguerite
Michael Spyres Faust
Laurent Naouri Méphistophélès
David Soar Brander

 

エジンバラもスカイ島もこの時期すごく混んでてホテルが取れなかったor馬鹿高くて、初めてAirbnbに泊ることにしましたが、エジンバラは偶然ホストファミリーの若い奥様が日本人です。

 

では、遠いけど車で行ってきま~す車

26日(土)に戻ります。少しはブログ更新も出来るかも。

 

4年前の夕暮れのネス湖(→こちら)。

 

 


人気ブログランキング

<17th Aug Thus>

コッツウォルズの5ツ星マナーハウス滞在の最後の投稿です。

スパでのんびりするのも目的の一つでしたから、到着した日のランチの後と帰る日の午後のほとんどをここで過ごしました。

インドア・プールがちゃんと泳げる程大きくなかったのがこのホテルで唯一残念と言えば残念なのですが、Primroseさんも私もジムのプールで頻繁に泳いでるわけで、ここではリゾートらしくのんびり過ごせってことでしょう。

   

真ん中の円形スペースは捕まってないと流されてしまうくらい激しい流れの立ちジャクチ、奥の方には全身に泡を感じる寝っ転がりジャクチがあり(下の写真で見えますね)、交互にブクブクと作動。私はジャクチ大好き。

窓際にはもっと好きな打たせ湯。 最初の日の午後は着物に着替えるので髪を濡らさないように打たせ湯は我慢しましたが、二日目は肩が壊れそうな程打たれ続けました。私がよく行くジムにも打たせ湯はあるのですが、数分おきにしか動かない上に他の人と取り合いなので、こうして心ゆくまで滝の下にいられるて、あ~、幸せ。

 

     

 

ライオン像のある部屋の硬い熱椅子は最高。全身ポカポカになって居眠りするのは極楽、極楽。

他にも洒落たサウナ、スチームバスもあり、氷水や冷たいおしぼりもあっていたれりつくせり。 これで日本の温泉みたいにマッサージチェアがあれば言うことないですけどね。 

   

外にも気持ちよいスペースがあり、広い芝生と大きな木々を眺めながらジャクチしたり籐椅子に横たわると、カントリーサイドにいるのが実感できます。 既に秋のようなイギリスですが、日差しも強過ぎず、20度くらいで快適そのもの。

   

 

 

プールを見下ろすカフェで、夕方、軽く何か食べてからロンドンに帰りましょう。バスローブでもOKなので、ここに一日中いることもできますね。

   

 

   

 

行きも帰りも交通渋滞もなくスムーズなドライブで楽しい一泊旅行は終わり。お屋敷も庭も素敵なホテルで、着物を着てとびきり美味しいお食事も頂けた上に楽しい女子トーク。 短いけれど究極のマナーハウス滞在を充分堪能しました。

 

まとめはこちら。

お屋敷 →こちら

お庭 →こちら

着物 →こちら

食事 →こちら

 

では、明日から8泊で、これとは正反対のスコットランド旅行にトーチャンと行ってきます。 寒そうなので、冬支度で。 旅行中にどれだけブログ更新できるかわかりませんが、いつものパターンからすると、そんな余裕はなさそうです。

 


人気ブログランキング