ペッパーです。


今朝の風は冷たいですね。
暖房器の準備をしておかないといけない頃になりました。



今日はヒーリングについてのお話。

テーマは、受けた後に起こるカラダの変化
「好転反応」についてです。

先週
私のところでアオアクア・ヒーリングをうけてくださった方が
エナジー・ワークを受けられるのは初めてということで
好転反応についてのご説明を丁寧にさせていただきました。

一週間たった昨日、そろそろ好転反応が出られている頃では?
とお電話をしてみました。

案の定
非常に調子が悪く、怠い状態・・と、好転反応真っ只中のご様子でした。
この
好転反応がおこるということを
知っていると
知らないとでは
起こった時の不安が違ってしまいますね。

カラダが好くなる前には
必ずガクンとした落ち込みがきます。
そして急速に良くなる方へと動いていくのです。
この落ち込みが「好転反応」です。


すべての事象は
流れているので
一定に留まることはないのはカラダについても同じです。

何でも調和ですから
エネルギーも過剰なら過剰で
不足なら不足でバランスがとれて流れていれば
カラダは調子がいいのです。

それが不調になってしまうのは
どこか調和していない部分がある為です。

それはほとんどの場合
エネルギーの流れが止まってしまう
つまり、詰まりがおこることで引き起こされてしまいます。

その詰まり部分に
非常に強力がエナジーを通し流した訳ですので
この通すエナジーが強ければ強いほど
好転反応の落ち込みとジャンプとの振幅も激しくなります。

お辛いでしょうが、
ああ、今はカラダが頑張ってくれているんだなぁ。
カラダが好くなろうと、内側で動いているんだな。と
カラダに感謝しつつ
ゆっくりと休養できるのがその後のすすみに良いのです。

つい、
ここを越す時に不安になって
せっかくの好転を活かせない方も多いです。
つまり
「かえって、ひどくなった。」と止めてしまうのです。

ヒーリングに限らず何かの治療なり施術なりの場合は
評価は後に回して、
3回は続けることが肝要といわれています。



それも効果的なのは
最初の3回は間を短めに、1週間に一回または二週間に一回
症状や体の様子で違いますが
その後調子がよくなったら
調整的に1~3ヶ月に一度うけられるのが良いのです。

いつでも不安に思われたらお気軽に御連絡ください。



ご参考になさってみてくださいね。