何で知ったのか、よく覚えていないんですけど・・・

オイラの「スポーツ映画」のリストには随分前からのっかていて、気にはなっていたのですが、ようやく観るに至りました。





[DVD]
フランス



ペップトーク度 (最高★×5) :★☆☆☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★☆☆☆







【ストーリーと背景】

地球上で最も過酷なスポーツイベントと呼ばれる「ツール・ド・フランス」を追ったドキュメンタリー映画。

なぜツール・ド・フランスはこんなにも人々を惹き付け、熱狂させるのか。 
なぜ選手は肉体の限界まで挑戦し、報われないかもしれないゴールを夢見るのか。 
フランスの広大な自然の中、選手とその仲間たちの真実を追う。

毎年7月には、世界中から選ばれし男たちがフランスに集まり、それぞれの国の威信と誇りを背負いスピードと忍耐力を競い合う。
2000 年のツール・ド・フランス、カメラはチーム「コフィディス」の栄光と敗北を初めて内部関係者の視点で追う。
また、伝説のレーサー、ランス・アームストロングがゴールし勝利を勝ち取るまでを撮り続ける。
ツール・ド・フランス開催中の選手の葛藤や苦悩、表では決して吐かない弱音、そして仲間同士のリラックスした会話など、そこにはレース観戦では知ることのできない多くのドラマがある。 



【ペップトークの見所】

この作品は・・・

凄いんだけど・・・

「ツール・ド・フランス」が好きな人、詳しい人には楽しいでしょうが、興味の無い人にとっては分かりにくい作品かもしれませんね。

オイラにとっては、「へぇ~」

とか

「すっげぇ」

とかって、新鮮さはありましたし、「ツール・ド・フランス」への興味は湧きましたが、いまいち理解できません。

一度、「ツールド・フランス」を観てから、もう一度この作品を観てみようと思います。

ということで、今回は正直言って、自分なりの評価もまともにはできませんでした。

ごめんなさい。










↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *