昨日に続き

「Back to the 80s: Top 25 Inspirational / Motivational Speeches from 80s Movies」

からのご紹介。

第20位にランクされていた作品です。

主役のダルトンを演じている俳優さん・・・

見覚えのある男前だなぁ・・・と思っていたら、最近観たばかりの「アウトサイダー」にも出ていたし「ダンシングハバナ」「ダーティーダンシング」「ダンスWith Me!」にも出ていた、元々ダンサーの俳優さんでした。

この作品ではダンスではなく太極拳なんですが・・・

とにかく、痛快!





[DVD]
20世紀フォックス



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆







【ストーリーと背景】

酒場の用心棒ダルトンの評判を聞きつけた「ダブル・デュース」オーナーにスカウトされて、荒れ放題の店にやって来た。

店を任されたダルトンは、不正を行っていた社員や麻薬の密売をしていた不良従業員をクビにし、店を建て直し始める。

クビを逆恨みしてダルトンに復讐しに来た元従業員たちを、返り討ちにしたダルトンだが、切り傷を負う。

病院で彼の傷を治療した女医クレイに一目惚れし、彼女と付き合い始めたダルトンだったが、彼女に惚れていた、町を牛耳るボスのブラッドの怒りをかう事になり、ダルトンと親しくしていた人たちが次々と襲われ・・・


【ペップトークの見所】

「ダブル・デュース」で演奏している盲目のギタリスト、ジェフ・ヒ―リーもカッコいいです。

脇役の女性陣も魅力的だし、エンタテインメントとしての質も高い作品でした。

このリストは「ハズレ」がないですね・・・

で、ペップトークも

0:23’11”~ 

ダルトンが「ダブル・デュース」の責任者となったときの就任挨拶を兼ねて、スタッフに対するモチベーショナルスピーチです。









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

 

 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)