映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。

 

随分前にワイフと一緒に観たのですが・・・

先日「ゴッド・ファーザー」にソフィア・コッポラが出ていたのを観て、そういえばこの作品の監督が彼女だったのを思い出して、もう一度観たくなったのでありました。

オイラは世界史があまり好きではなかったのですが、「ベルサイユのばら」を愛読していたのでメリー・アントワネットという人物やフランス革命に対して多少の知識はありました。

そういう意味からも、彼女の人物像を知る意味ではとても興味深い作品です。



マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
キルスティン・ダンスト,ジェイソン・シュワルツマン,アーシア・アルジェント
 



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★☆☆☆☆





【ストーリーと背景】

オーストリア皇女アントワーヌは、母マリア・テレジアの意向により14歳のときにフランス王太子のもとへと嫁ぐことになった。

フランスへ渡り、王太子妃マリー・アントワネットとして、ヴェルサイユ宮殿でのはなやかな結婚生活に胸をふくらませるマリーだったが、実態は朝から晩まで洗顔や着替えまで側近に管理され、大勢のとりまきに監視され、皇族たちの悪意に満ちた陰口に傷つく日々だった。

さらに、15歳の夫のルイはまるで彼女に興味を示さず、カギ作りや狩りなどの趣味に没頭。

世継ぎを求める母親や皇族、国民からの期待がプレッシャーとなってマリーにのしかかる。

そんな孤独や不安を紛らわそうと、おしゃれや遊びに夢中になり贅沢三昧を繰り返すマリーはフェルゼン伯爵に心を惹かれるのだが・・・



【ペップトークの見所】

衣装がステキですね・・・と思っていたら2006年アカデミー賞の衣装デザイン賞を受賞していました。

映画の内容に関しては賛否両論あるようですが・・・

ソフィア・コッポラが監督としてマリーアントワネットという女性の人生を「こういう風に表現したかった」という意味では、面白い作風だし、彼女の才能の素晴らしさを感じます。

ただ、それが万人に受け入れられるかどうかというのは別問題。

フランスの王室での女性の生活を描くのに軽快なロックミュージックをBGMに使うといった発想とか・・・オイラは好きだし、面白いアプローチだと思ったのですが、違和感を覚える人もおおいでしょうし、歴史に詳しい人からはツッコミどころも満載なのでしょうが・・・

そういう意味では池田理代子さんが「ベルばら」を描いたときにオスカルという想像の人物を登場させたように、ドキュメンタリー映画ぢゃないんだし、ソフィア・コッポラの解釈が作品になっているのだから、それはそれで受け入れたうえで楽しみたいものです。

あ・・・ペップトークなんですが、忘れてました(爆)。

ここのところ、リーダーシップをテーマにした映画の中からペップトークを探しておりまして、王妃とか国王の立場から何か良いネタはないものかと着目はしておりました。

残念ながらルイ16世は国王として国や時代を引っ張るようなリーダーではなかったようですし、この作品の主人公はマリー・アントワネットなので、モチベーショナル・スピーチや演説、ペップトークはあまり出てきませんでした。

でも、Chapter:18 1:23’00”くらいからのハーブガーデンがある田舎の古い建物での生活が印象的で・・・

その中で、彼女がルソーの言葉を引用したのが心に響きました。

Chapter:18 1:25’07”~









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング 自己啓発・カウンセリングジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。