映画好きの知人に「スポーツ映画では今までの人生で観たの中でもベスト」と教えられた作品なのですが・・・

DVD化されておらず、中古VHS市場で漁っておりましたがオークションでもセリ負けてばかりでなかなか入手できなかったのですが、ようやくGETしました。

VHS発掘シリーズの第139弾であります。
白い恋人たち グルノーブルの13日(字幕 [VHS]
ジャン・クロード・キリー
白い恋人たち/グルノーブルの13日 
 
 



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆





【ストーリーと背景】

1968年のフランスのグルノーブル冬季オリンピックを克明に追ったドキュメント作品。

監督は「男と女」の、C・ルルーシュ、音楽はフランシス・レイ。

この映画のテーマ曲は、おそらく若い読者の方でもおそらく耳にした記憶はあるはず。


【ペップトークの見所】

美しい映像と音楽で、冬季オリンピックの素晴らしさが楽しめる作品です。

ちなみに1968年のグルノーブル冬季オリンピックって、日本で初めての冬季オリンピック(札幌)の前の大会ですね・・・

札幌五輪のとき、オイラは確か中学校3年生で、この年初めて「冬季オリンピック」の存在を知りました。

だから、グルノーブルの冬季オリンピックって記憶のカケラすらないのですが・・・

この映画を観ると、その素晴らしさが伝わってきますね。

ドキュメンタリー映画ってことで、映画「ミラクル」みたいに、アイスホッケーとかの競技が始まる前のロッカールームでのペップトークに期待したのですが・・・それはありませんでした。

でも・・・

この作品に挿入されている歌で、選手のやる気を引き出す「Pep-Song」みたいな・・・素晴らしい歌詞の曲がありましたので、ご紹介しておきますね。

0:47’54”~









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 
▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)