映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

劇場公開時にワイフと観た作品ですが、ミュージカル映画のランキングでも評価が高いのと、劇場での感動をもう一度味わいたくDVDを借りてきました。

オイラと同世代の50代の方なら、青春時代のソウル・ミュージックの背景にあったものが想像できて分かりやすいと思いますが、若い方でも、現在のミュージックビジネスのスタートした頃の裏舞台を知るということは、ある意味で新鮮なのではないでしょうか?

なんでもそうですけど、物事を始める人とか、初期に成功した人たちって手探りで開拓したり試行錯誤して進んでいきますけど、後の人はその人たちの作った基盤の上で改善や成長をしていくわけですから、振り返ってみると草創期の人たちのやったことって稚拙に見えたりもします。

でも、その背景を知ると、敬意の念が湧いてくるのはオイラが歳をとったせいでしょうか?



ドリームガールズ  [DVD]
ビヨンセ・ノウルズ, エディ・マーフィ, ダニー・グローバー, ジェニファー・ハドソン
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
 



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆






【ストーリーと背景】

「ドリーメッツ」というコーラス・グループを結成したエフィー、ローレル、ディーナの3人は成功を夢見て、新人オーディションへの挑戦を繰り返していた。

たまたまオーディションを観ていたプロモーターのカーティスは、本来優勝するはずの「ドリームメッツ」に裏工作をして優勝を阻み、失意の彼女たちにマネジメントの話を持ちかける。

オーディションを繰り返すより、バックコーラスでもプロとして仕事をしたいと思った3人は、カーティスの提案に乗り、人気者ジェームズ・アーリー(エディー・マーフィー)のステージに立つことになった。

実力を認められ、バックコーラスではなく、グループとしてメインのステージに立てる環境が整ったときにカーティスは、実力はあるがルックスに劣るリードヴォーカルのエフィーに代えて、ルックスの良いディーナ(ヴィヨンセ)を起用する。

これが原因で3人の関係にヒビが入るのだが・・・

【ペップトークの見所】

2006年ゴールデングローブ賞作品賞受賞作品。

エフィ役のジェニファー・ハドソンはこの映画で
2006年アカデミー賞助演女優賞
2006年英国アカデミー賞助演女優賞
2006年ゴールデングローブ賞助演女優
(エディー・マーフィーは助演男優賞受賞、ヴィヨンセは女優賞にノミネート)
など高い評価を得たようですね。

時代的にダイアナ・ロスとシュープリームスかスリー・ディグリーズがモデルなのかなぁ・・・と思っていたのですが・・・関係ないみたいですね(汗)。

この映画はミュージカル仕立てになっていることもあり、心情を表現する部分は歌に乗せているシーンが数多くあり、元気や勇気を与える曲もあるのですが・・・

個人的に強く印象に残っているのは、失意のエフィーを作曲家である兄が励ますシーンです。

Chapter:19 1:38’31”~









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 
▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。