オイラの鑑賞リストには随分前から載っていたのですが・・・

なんかイマイチ食指をそそられていなかったので放置プレイでしたが・・・

シリーズ5作品のうち4作品が
「カーレース映画興行収入ランキング」のベスト10に入っているし
(残り1作も11位)

「Best Auto Racing Movies」でも
30位以内に4作品がランクインしているので・・・

「こりゃあ、観るっきゃないね」・・・というか

今さらながら、観ていないことの重大さに気付きまして

一挙にシリーズ制覇と行きたいところです。



ワイルド・スピード [Blu-ray]
ヴィン・ディーゼル,ポール・ウォーカー,ミシェル・ロドリゲス
ジェネオン・ユニバーサル



ペップトーク度 (最高★×5) :★★☆☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

ドミニクは深夜のLAえ若者たちが開催しているカー・レースのヒーロー。

しかし、裏の顔は大型トレーラーを狙う強盗集団のボスでもある。

彼らの潜入捜査の任務を受けたブライアンは、カー・レーサーになりすまし、ドミニクの信用を得て、一緒に車をチューンナップしたり、レースに参戦したりしていた。

なかなか証拠を掴めないでいたブライアンは、ドミニクの妹ミアと恋に落ちてしまい、警察との板挟みになってしまうのだが・・・


【ペップトークの見所】

なるほど・・・

全米で大ヒットした理由がわかりました。

カー・アクションも痛快だし、ラブストーリーもヒューマン・ドラマの部分も良くできてますね。

観ている間の緊張感も、観終わった後の爽快感もナイスです。

ペップトークは・・・

残念ながらあまりでてきません。

でも、ブライアンに語りかけるように・・・でも自分自身に語りかけるモノローグのようなドミニクの回顧が印象的でした。

Chapter:10 0:56’09”~

人に自分が置かれている状況を話すことで、自分自身を鼓舞する・・・セルフ・ペップトークのメカニズムにつながることなのかもしれませんね。










↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 
▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)