サイン(Signs)

テーマ:


「野球」「映画」というキーワードで検索してひっかかったので、オイラのスポーツ映画のリストには随分前からあった作品です。

映画の詳細を調べてみると「ミステリー/サスペンス/ホラー」とかって分類になっていたのであまり観る気にはなれなかったのですが・・・

近々発表する予定の「50 Sports Movie Atrocities」(Atrocitiesは「まったくひどい」とか「話にならない」「趣味の悪い」といった意味)の第10位にランクされていたので、きっとスポーツ映画であることには間違いないのだろうと思い・・・

メル・ギブソン主演のディズニー映画ってこともあり、「シックス・センス」の監督が制作した話題作ってこともあり・・・とりあえず観てみようと思ってのですが・・・

やっぱり野球映画でもスポーツ映画ちゃないじゃん(涙)。

でも、ミステリー作品としては秀逸であることは確かなので、ミステリーとかサスペンス系の映画がお好きな方にはオススメの一作です。
サイン [DVD]
M・ナイト・シャマラン,メル・ギブソン,ホアキン・フェニックス
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

この映画の脚本には映画史上最高の高値がついた作品なのだぞうです。

不慮の事故で妻を亡くしたことで、牧師をやめて2人の子供と弟と一緒に暮らすグラハムは、ある朝、子供がいなくなって心配になり、自分のトウモロコシ畑に子供たちを探しにいくと、そこにはミステリーサークルが残されていた。

次々に起こる不可解な事件はエイリアンの仕業であることが分かってきたのだが・・・


【ペップトークの見所】

いろんな兆候(SIgn)で因果関係が繋がっているので、一度観ただけではなかなか理解できないかもしれませんね~。

何度も観て、そのたびに新たな発見がある・・・という奥深い作品なのでしょう。

妻に先立たれた男の子供たちに対する愛情というヒューマンドラマでももあるのですが・・・

ディズニー作品に対して、素直に感動して涙する作品を求めてしまうオイラには、ちょっとハズレだった気もします。

あ、前述の通り、ミステリー作品としては素晴らしいのですが、私がディズニーに期待するものとちょっと違うという個人的なワガママです。

でも、一番のミステリーは・・・

検索していて、この作品が「スポーツ映画」でひっかかったこと(笑)。

確かに主人公の弟は元野球選手なんですけどね・・・


で、ペップトークなんですが・・・

スポーツの試合前のペップトークとはちょっと違いますけど

Chapter:18 0:23’5637”~
呼吸困難になった息子を父グラハムが励まし続けます。


全然関係ないのですが、冒頭に紹介した「50 Sports Movie Atrocities」では、メリル・ヘス役のホアキン・フェニックスが「Atrocities」に該当しているのですが・・・

これもオイラにとってはミステリーのままです。










↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 
▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)