以前このブログで取り上げた「ボクシング映画 TOP45」の第17位にランクされていた作品です。

白黒の古い映画(1949年作品)ですがDVD化されています。

レンタルショップではあまり取り扱っていないかもしれませんが、通販でも安価ですし、英語が堪能な方ならYoutubeにフルでアップされていますので、手軽に楽しむことができると思います。

ボクシング映画ランキングの上位という評価だけあって、ボクシングというスポーツの映画としても、ヒューマンドラマとしても、恋愛ドラマとしても見所がたくさん。

ボクシングファンの方以外でも楽しんでいただける一作だと思います。
チャンピオン [DVD]
カーク・ダグラス/ルース・ローマン/ジョン・デイ/
マリリン・マクスウェル/ポール・スチュワート...
 




ペップトーク度 (最高★×5) :☆☆☆☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

コニーとミッジのケリー兄弟はLAに向かう途中ヒッチハイクでボクサーのジョニーの車に乗せてもらう。

ジョニーはカンザスでの試合があったのだが、ミッジも小遣い稼ぎでボクシングの試合に出るが、KOは免れたものの悲惨な目にあう。

しかし、その試合を観ていたコーチのトミーは自分のジムに来るように誘う。

飲食店の共同経営者になる目的でLAにたどり着いたコニーとミッジだったが、共同経営の話は詐欺だった。

職にあぶれたミッジはトミーのジムに赴き、ボクサーを目指す決意をするのだが・・・。

【ペップトークの見所】

ミッジの母親に対する愛情、コニーとミッジの兄弟愛、トミーとの師弟愛、八百長や裏切り、3人の女性との関係・・・など、ヒューマンドラマとしての内容が充実していて、最後まで楽しめます。

もちろん、ボクシングの試合シーンや展開も。

そして、予想外の幕切れ・・・

ネタバレになるので書けませんが・・・

ちょっと残念だったのは、ペップトークが出てきそうなシーンはいくつもあったのに・・・全然出てこなかったこと(涙)。

主演のカーク・ダグラスって、マイケル・ダグラスのお父さんなんですね・・・。

(映画を見始めたのが年齢的に遅いので無知なんです。ごめんなさい)








↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 
▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)