昨日の1950年版「NIGHT AND THE CITY(街の野獣)」に続き・・・

1992年版でリメイク版の「NIGHT AND THE CITY」です。

1950年版オリジナルの舞台は「ロンドン」で「プロレス興業」だったのに対して

1992年リメイク版の舞台は「ニューヨーク」で「ボクシング興業」です。

他にも、オリジナルは奥さんと別に主人公を愛する女性がいたのに対して、リメイクは一人だったり・・・とか設定も色々と異なるのですが・・・テーマは同じです。



ナイト・アンド・ザ・シティ [DVD]
出演: ロバート・デ・ニーロ, ジェシカ・ラング, ジャック・ウォーデン
監督: アーウィン・ウィンクラー


20世紀フォックス


ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

ニューヨークのクサレ弁護士ハリー(ロバート・デ・ニーロ)は、和解金稼ぎで食いつなぐ人生に嫌気がさし、ボクシングのプロモーターのように左うちわの生活に憧れていた。

そんなハリーにも興業のチャンスが訪れたが資金のあてがない。

知人でバーの経営者に話を持ちかけたところ、その妻のヘレンが裏工作を持ちかけてきた。

夫と別れて店を持つための営業権が取得できれば、不足資金は夫に出させるというのである。

ヘレンのために営業権は取得し、準備は順調に進んでいたかのように思えたのだが、バーの経営者は妻ヘレンの不審な行動に気付きはじめ・・・。


【ペップトークの見所】

さすがロバート・デ・ニーロ・・・いい味出してますね。

設定が異なるので、オリジナルもリメイクもそれぞれ楽しめますし・・・

オリジナルを観た後でも、設定が異なる分、展開も異なり、充分たのしむことができました。

ただ・・・オリジナルは女性二人でリメイクは女性一人という設定の違いからか、女性の間で揺れ動く男の気持ちと、そんな優柔不断な男に惚れている女性・・・といった男女の心理面ではオリジナルに軍配が上がります。

でも・・・ペップトークはこちらのも味があります。

Chapter:12 1:33’35”~
夢破れたハリーに対して、LAで新しい人生を歩もうとヘレンが元気づけます。






▼ エンディング・テーマはフレディ・マーキュリーでした ▼





↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




▼お世話になっている▼
▼税理士さんが書いた本▼

【コミュニケーションの課題を解決】

アクティブ・シンキング

妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)




日頃あなたは、家族や上司、部下の話を聴いていますか?
 私も以前はあまり聴いていませんでした.
本書のタイトルでもある「どうして私の話を聴いてくれないか」
の原因が自分自身にあることを、認識していなかったからです。
 個人事業主であるアスリートの税務・会計のサポートをする機会をいただき、
コーチングスキルを知ったことで、私自身が周りの人の話をよく聴くことが、
相手に話を聴いてもらえることになるのだと気づきました。
自らが変化することを決めたのです。

 (本文第1章より)