パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」や昨年末に「ロミオとジュリエット特集」をやったときに観た「情熱の処女(おとめ)~スペインの宝石~」以来、ペネロペ・クルスという女優さんが気になっていて・・・

何か他の作品を観たいと思って探していたら・・・

彼女がアカデミー賞の助演女優賞を獲得した作品であり

マッチポイント」のウッディ・アレン監督作品で、かつ主演のスカーレット・ヨハンソンも起用

というのもあって、そそられました。

それでも恋するバルセロナ [DVD]
スカーレット・ヨハンソン/ペネロペ・クルス




ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

オイラがあれこれ書くよりコチラをごらんくださいまし。



【ペップトークの見所】

2009年 第81回アカデミー賞助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)

2009年 第66回ゴールデン・グローブ賞 作品賞受賞 ほか映画賞 計16部門受賞、42部門ノミネート

ってことで、とってもロマンティックなラブコメディです。

恋愛に疲れた女の子にとっては元気が出る一作ではないでしょうか?


登場する女性同士でお互いに恋愛について励まし合うシーンが幾つか出てくるのですが、そんな中で・・・


婚約者ダグとスペインで知り合った画家フアンの間で揺れ動くヴィッキーのあいまいな態度に対してジュディがペップトーク
Chapter:16 1:20’50”~





↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *