ワイフと一緒に何か別の映画をDVDで一緒に観ていたときに、予告編というか他作品紹介で出ていて、二人して即決で「次、コレ借りよう!」ってjことで意気投合して借りてきました。

とっても楽しいアクション・コメディです。

グリーン・ホーネット [DVD]
セス・ローゲン,ジェイ・チョウ,キャメロン・ディアス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

大人になりきれないダメ男のブリットは、父の突然死により新聞社のオーナーに就任。

母を早くに亡くし、父親からはけなされて育った劣等感のカタマリみたいな男。

父親が可愛がっていた車の整備士件コーヒー係のカトーに特異な才能があることに気付いたブリットは、二人で悪を制裁する正義のヒーローペアを組み「グリーン・ホーネット」と名乗ることにした。

カトーが開発するマシンを操り、兵器を活用してLAのギャングを退治していくうちに、父親の死因となる政治家の裏の世界を発見し、新聞社オーナーとしての正義感に火がついたブリットだが・・・



あと、オイラはこういうセンス、大好きです。




【ペップトークの見所】

最初は主人公のブリットのダメ息子ぶりが気に食わないくって、なかなかストーリーにはいりこめなかったのですが、段々親近感が湧いてきて・・・

あ、でも個人的には相棒のカトーの方が好きですけどね。

キャメロン・ディアスが演じる社長秘書に二人が惚れてしまうのですが・・・主人公のブリットより、カトーを応援してましたし(笑)。

まあ、そんな個人的な感想はさておきペップトークです・・・


Chapter:05 0:28’31”~
ブリットがカトーに「正義のヒーロー」になることや、その意義、ヒーローに共通する点を語ります。






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *