昨日の「サッカー・ドッグ」の関連作品ではありますが・・・続編ではありません。
ワンちゃんがサッカーで活躍するって設定は一緒ですが・・・
サッカー・ドッグ ヨーロッパ選手権 [DVD]
ニック・モラン,ジェイク・トーマス,ローリ・ヒューリング
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

スコットランドの田舎町でサッカーチームのキャプテンをつとめるブライアン。
昔はサッカー選手を夢見ていたが、今は親から譲り受けた薄汚れた居酒屋の経営者。

そんなブライアンのところに、今まで存在すら知らなかった息子のザックが現われる。
元カノが身ごもったまま、姿をくらましてしまったから・・・

ブライアンと暮らし始めたザックは、しっくりこない生活を続けていたが、ある日、犬と出会う。

キンブルと名付けられたこの犬は人間並みの知能と、人間以上のサッカーのセンスを持つスーパー・サッカー・ドッグだった・・・。

【ペップトークの見所】

この作品は、なかなか通じ合えない父親と息子の気持ち、お互いのジレンマ・・・といった観点から、男の子を持つお父さんには是非とも観て欲しい映画のひとつです。

試合前のペップトークではコレといった見どころはないのですが、父親ブライアンとの関係がうまくいかないザックを、ブライアンを良く知っているバーテンダーのおじさんが励ますシーンが出てきます。
Chapter:16 0:46’20”~

「今、何を成すべきか」という行動指針のメッセージが、そのままペップトークの送り出しの言葉として「行動のスイッチを入れる」役割を果たす・・・という、ありがちですが見落としていたペップトークのシナリオ・パターンを発見したので、ちょっとうれしい(笑)。






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ