この映画も、ブログを書き始めた当初からスポーツ映画リストにのっかってました。


レンタルDVDショップの店頭で見つけたのですが、何故が長らく放置されてました。


・・・が、もっと早く観ればよかった。


ロスト・キッズ [DVD]/リル・バウ・ワウ,モーリス・チェスナット,ジョナサン・リプニッキー
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント



ペップトーク度(最高★×5):★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5):★★★☆☆


【ストーリーと背景】

孤児院で生活するカルビンは、バスケット・ボールが大好き。

ある日寄付された古着の中から「MJ」と書かれたバスケットシューズを発見し、気になってはいてみるとそれは魔法のシューズだった。

イメージしたプレイが何でもできるようになったカルビンは、NBAの試合のハーフタイム・イベントのOne-On-Oneゲームでプロの選手を相手にダンクシュートを決める。

身長135cmの13歳の少年がダンクを決めたことで、不振のチームの客寄せに使えればと企んだオーナーはカルビンと契約するが、カルビンはイベントでの客寄せどころか、チームの連勝に大貢献。

ところが、カルビンの親権を主張する孤児院の院長や、カルビンを引き取りたい里親候補たち、魔法のシューズを狙う孤児院の仲間・・・そしてカルビンとなかなかうまくやれないチームメイトが入り乱れて問題は複雑になっていく・・・

【ペップトークの見所】

なんだかなぁ・・・「ロスト・キッズ」って邦題が良くなかったんだな、きっと。
直訳で「ライク・マイク」だったら、オイラはきっと、すぐ借りていたと思うんだけど。

それはともかく、夢のあるハートフル・コメディです。

バスケットをやっているお子さんをお持ちのお父さん・お母さんは、是非とも子どもたちと一緒に観てほしい一作です。

で、試合前の監督のペップトークはあまり出てきませんが・・・

Chapter:26 1:24’25”~

魔法の靴が壊れて自信を無くしたカルビンを励ますチームメイトのトレイシーの言葉。
彼には魔法の靴のことは分かってないのだけど、カルビンの胸に響くメッセージ。

Chapter:26 1:25’14”~

プレイオフまで残り時間はあとわずか。
逆転にむけて13歳のカルビンがチームメイトを励まします。


映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)-ロストキッズ

↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *