明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新年にふさわしい一本は…

いや~・・・探しましたよ。マジで。


このブログを書き始めた一年前から…。


アメフト映画にペップトークが多いであろうことは想像できていたので、まず、アメフト映画のリストを作ることから始めたのですが、当初から気になっていました。


今日現在、オイラの手元にあるアメフト映画のリストは海外作品のみで約70本(うち、見たのは38本+Get済2本)なのですが・・・何でひっかかったのかは覚えていないけど、リストでは前の方にあったのです。


でもDVDは無く、VHSも希少で(アマゾンの中古でも5,000円超、ヤフオクでも出物が少ない)なかなか手に入らなかったのであります。


クォーターバック・プリンセス [VHS]/ヘレン・ハント,ドン・マレイ,バーバラ・バブコック
映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)-quarterback princess

ビクターエンタテインメント

海外のパッケージはこんな感じらしい▼


映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)-quarterback princess

てなことで・・・VHSシリーズの第6弾(VHSアメフトシリーズ第5弾)は、女の子が主役のアメフト映画です。
で、なんと実話なんだそうです。


第1弾:クォーターバック(The Program)
第2弾:スーパー・タッチダウン(Necessary Roughness)
第3弾:リトル・ジャイアンツ(Little Giants)
第4弾:タッチダウン(Semi Tough)

ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

父親の仕事の関係でカナダから転校してきたタミー・メイダーはアメフト大好き少女。

両親も子どもにはやりたいことをやらせるという教育方針。

転入する高校のアメフト部の指導者も最初は半信半疑だったが、入部テストの結果に驚く。

女の子ということでチーム内外の非難もあり、チアリーダーからのイジメもあるのだが、彼女のQBとしての才能にチームメイトたちからの信頼が厚くなり、チームは連勝していく。

決勝戦をひかえて、ボーイフレンドとの仲に亀裂が入り、タミーは試合でねん挫…悪い状況が重なるのだが。


【ペップトークの見所】

子育て中のご両親には是非見ていただきたい、ドリームサポーターのお手本みたいな夫婦です。

子どもの夢を応援する姿勢はもちろん、子どもの才能や興味に対して信じて応援することの素晴らしさ、世間体より子どもの人格を大切にする考え方…実にすばらしい(というか、普通はここまで出来ないと思います)。

最後は試合で勝つことよりも、期待できるフィナーレがありますので乞うご期待です。
と言っても、廃盤VHS探さなきゃ見れないですよね…。

かといって、これ以上のネタバレは…。

で肝心のペップトーク


怪我したタミーにパパの元気が出るメッセージ
 1:09’04”~
$映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)-パパのペップトーク

最終戦へ向けての練習での監督のモチベーショナルスピーチ
 1:13’35”~
映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)-練習時のモチベーショナル・スピーチ

決勝戦ハーフタイムの監督のペップトーク
 1:25’40”~
映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)-ハーフタイムのペップトーク

残念ながら…youtubeで動画を発掘することはできませんでした。





* * * * * * * * * * * *