久々にペップトークもりだくさんのアメリカンフットボール映画です。


フェイシング・ザ・ジャイアント [DVD]/アレックス・ケンドリック,ジェームズ・ブラックウェル,ベイリー・ケイブ



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★★☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★★★☆

【ストーリーと背景】

就任後6年間、満足いく成績が残せていない高校フットボールチームの監督。
主力選手が、あまりのふがいなさに転校し、チームの士気は下がる。

父兄から監督更迭の意見も飛び交う中、監督夫妻は貧困と不妊の悩みも抱える。

そんな中、牧師の一言をヒントにチームを再建して、州大会まで勝ち上がる。

州大会の決勝は、常連のGiants・・・

【ペップトークの見所】

あまりにも聖書の引用が多いので・・・キリスト教の布教映画かと思ってしまうほどですが・・・
それはさておき「ペップトーク」「モチベーショナルスピーチ」「ポストコンペティショントーク」「アファメーション」・・・そして「キーアクション」のための「キーワード」などなど、ペップトークを学ぶのには、テキストとなる情報が殆ど網羅されていると言う意味で、すばらしい映画です。

全部は書ききれないのでポイントだけ紹介します。

Chapter:10 0:37’00”~
フィールドゴールをはずした息子をはげます父親

Chapter:11 0:41’25”~
監督のナイスなモチベーショナルスピーチ

Chapter:18 1:10’05”~
負け試合でのポストコンペティショントーク
(普通は怒り狂う監督の醜態が多いのですが・・・コレはなかなか落ち着いていて良いのでは?)

Chapter:22 1:24’13”~
試合前のロッカールーム(定番)ペップトーク

Chapter:24 1:30’26”~
ハーフタイムのロッカールームでのペップトーク

この後は、相手チームの監督のペップトークも沢山でてきます。

Chapter:27 1:41’30”~
コレは「コーチカーター」と並ぶ、ナイスなポストコンペティショントークではないかと・・・個人的には思うのですが・・・

あと、ディフェンスのキーワード「岩壁(Stone Wall)」の定義をするシーンと試合での連呼など・・・岩埼先生の講義にでてくる要素がいっぱいありますよ~。




↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ